「暗闇のアリア」真保裕一著

公開日:  更新日:

 娘に「もう生きていけない」という電話を残して経産省キャリア官僚の富川光範が死んだ。汚職の責任を取って自殺したと言われたが、妻の真佐子は、夫は自殺などする人間ではないと疑う。

 真佐子から相談を受けた元刑事の井岡は当初、耳を貸さなかったが、富川と酷似した状況で自殺した実業家がいることが判明する。一方、真佐子は夫がゼミの後輩に接触していたことを知る。後輩が勤める企業はアフリカのオビアニアの内戦に使われたヘリの開発に関わっていた。

 やがて、隣国のベファレシアでボランティアをしていた男が不審人物として浮上するが、彼は既に死亡していた。

 アフリカ、ヨーロッパを舞台に展開するクライムノベル。

(KADOKAWA 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る