「笑いのカイブツ」ツチヤタカユキ著

公開日:

 人付き合いは苦手だが、お笑いが心底好きだった少年・ツチヤタカユキが、NHK「ケータイ大喜利」で最高評価を得て「レジェンドになる」ことを目標にネタづくりを始めたのが高校1年のとき。

 1日100個のネタ出しを自分に課してネタ出しの訓練を重ねた結果、フリーターとなった後には1日500個、20歳では1000個ものネタを出すようになった。生活のすべてを笑いづくりに捧げた彼は、ついに21歳で念願のレジェンドを獲得し、吉本の劇場作家になっていく。

 しかし、人間関係を無視して笑いづくりだけに専念する姿勢は周囲から嫌われるようになり、次第に居場所をなくしていく。

 笑い以外に何もない彼は、27歳にして、全財産ゼロ円、無職、童貞の三拍子が揃った男になっていた。果たして、彼は起死回生を果たせるのか……。

 本書は、生活のすべてを笑いに捧げる伝説のハガキ職人の半生をつづった自叙伝的小説。その突き抜けた生き方が、ウェブでの連載時から反響を呼んだ。

 (文藝春秋 1350円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る