• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「笑いのカイブツ」ツチヤタカユキ著

 人付き合いは苦手だが、お笑いが心底好きだった少年・ツチヤタカユキが、NHK「ケータイ大喜利」で最高評価を得て「レジェンドになる」ことを目標にネタづくりを始めたのが高校1年のとき。

 1日100個のネタ出しを自分に課してネタ出しの訓練を重ねた結果、フリーターとなった後には1日500個、20歳では1000個ものネタを出すようになった。生活のすべてを笑いづくりに捧げた彼は、ついに21歳で念願のレジェンドを獲得し、吉本の劇場作家になっていく。

 しかし、人間関係を無視して笑いづくりだけに専念する姿勢は周囲から嫌われるようになり、次第に居場所をなくしていく。

 笑い以外に何もない彼は、27歳にして、全財産ゼロ円、無職、童貞の三拍子が揃った男になっていた。果たして、彼は起死回生を果たせるのか……。

 本書は、生活のすべてを笑いに捧げる伝説のハガキ職人の半生をつづった自叙伝的小説。その突き抜けた生き方が、ウェブでの連載時から反響を呼んだ。

 (文藝春秋 1350円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る