• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「不死身のひと」村串栄一著

 新聞社を定年後、ノンフィクション作家として活躍していた著者は、昨春、駅構内で脳梗塞を発症。緊急搬送され、九死に一生を得た。

 実は、55歳から、胃がんをはじめとする各部のがんの多発や、腎臓病や心臓病などを乗り越えてきたという。その14年間をつづった壮絶な闘病記。

 天地が割れるように感じ、次第に意識が薄くなっていったという脳梗塞で倒れる瞬間の症状から、病後の経過、そして後遺症への不安を抱きながら日常生活に戻るまでを詳述。一方で、単身赴任先でのがんの発見から、本書を書き終えたばかりの定期検診で発覚した新たながんの発症まで。がんと向き合う日々を記録する。

 (講談社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

もっと見る