「潔白」青木俊著

公開日:  更新日:

 札幌地裁に再審請求が出された。15年前に既に死刑が執行された三村事件だった。

 スナックを経営する女と小学生の娘が殺された事件で、三村孝雄は無実を主張し、他の容疑者の目撃情報もあったが、精液のDNA鑑定で犯人と断定されたのだ。

 だが、足利事件でDNAの再鑑定の結果、冤罪が証明されたことから、三村の娘が再審請求に踏み切った。

 検察は、当時の精液試料が残っていないことから再鑑定はできないと考えたが、被害者遺族に返却されていた下着が残っていた。

 鑑定はできる! 再審決定の可能性が高くなったとき、突然、担当の判事が異動になった。

 誤審を隠蔽しようとする国との闘いを描く法廷ミステリー。

 (幻冬舎 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る