「潔白」青木俊著

公開日:  更新日:

 札幌地裁に再審請求が出された。15年前に既に死刑が執行された三村事件だった。

 スナックを経営する女と小学生の娘が殺された事件で、三村孝雄は無実を主張し、他の容疑者の目撃情報もあったが、精液のDNA鑑定で犯人と断定されたのだ。

 だが、足利事件でDNAの再鑑定の結果、冤罪が証明されたことから、三村の娘が再審請求に踏み切った。

 検察は、当時の精液試料が残っていないことから再鑑定はできないと考えたが、被害者遺族に返却されていた下着が残っていた。

 鑑定はできる! 再審決定の可能性が高くなったとき、突然、担当の判事が異動になった。

 誤審を隠蔽しようとする国との闘いを描く法廷ミステリー。

 (幻冬舎 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る