• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「潔白」青木俊著

 札幌地裁に再審請求が出された。15年前に既に死刑が執行された三村事件だった。

 スナックを経営する女と小学生の娘が殺された事件で、三村孝雄は無実を主張し、他の容疑者の目撃情報もあったが、精液のDNA鑑定で犯人と断定されたのだ。

 だが、足利事件でDNAの再鑑定の結果、冤罪が証明されたことから、三村の娘が再審請求に踏み切った。

 検察は、当時の精液試料が残っていないことから再鑑定はできないと考えたが、被害者遺族に返却されていた下着が残っていた。

 鑑定はできる! 再審決定の可能性が高くなったとき、突然、担当の判事が異動になった。

 誤審を隠蔽しようとする国との闘いを描く法廷ミステリー。

 (幻冬舎 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る