• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「潔白」青木俊著

 札幌地裁に再審請求が出された。15年前に既に死刑が執行された三村事件だった。

 スナックを経営する女と小学生の娘が殺された事件で、三村孝雄は無実を主張し、他の容疑者の目撃情報もあったが、精液のDNA鑑定で犯人と断定されたのだ。

 だが、足利事件でDNAの再鑑定の結果、冤罪が証明されたことから、三村の娘が再審請求に踏み切った。

 検察は、当時の精液試料が残っていないことから再鑑定はできないと考えたが、被害者遺族に返却されていた下着が残っていた。

 鑑定はできる! 再審決定の可能性が高くなったとき、突然、担当の判事が異動になった。

 誤審を隠蔽しようとする国との闘いを描く法廷ミステリー。

 (幻冬舎 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  6. 6

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  7. 7

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  10. 10

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

もっと見る