「有楽斎の戦」天野純希著

公開日: 更新日:

 織田源五郎長益にとって、兄の信長は常に恐怖の対象だった。織田家重臣の明智光秀が謀反を起こしたとき、ともに二条御所に移った長益に、信長の嫡男、信忠は、自分は切腹するが、「叔父上は、好きになされるがよい」と言い、厨に抜け道があると教えた。

 そこに信忠の弟で、かつて武田勝頼の元に人質として送られていた信房が深手を負って倒れ込んできた。もはや自害する力もない信房に長益がとどめを刺そうとすると、信房は信長ではなく慕っていた勝頼の名を呼んで死んだ。それを聞いたとき、多くの人の生を踏みにじった信長の巻き添えで死んでなどやるものかという思いが湧く。信長の弟らの視点で描く時代小説短編集。

(講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    知事選固辞の辰巳琢郎が二の足踏んだ石田純一の“二の舞い”

もっと見る