• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「有楽斎の戦」天野純希著

 織田源五郎長益にとって、兄の信長は常に恐怖の対象だった。織田家重臣の明智光秀が謀反を起こしたとき、ともに二条御所に移った長益に、信長の嫡男、信忠は、自分は切腹するが、「叔父上は、好きになされるがよい」と言い、厨に抜け道があると教えた。

 そこに信忠の弟で、かつて武田勝頼の元に人質として送られていた信房が深手を負って倒れ込んできた。もはや自害する力もない信房に長益がとどめを刺そうとすると、信房は信長ではなく慕っていた勝頼の名を呼んで死んだ。それを聞いたとき、多くの人の生を踏みにじった信長の巻き添えで死んでなどやるものかという思いが湧く。信長の弟らの視点で描く時代小説短編集。

(講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る