「有楽斎の戦」天野純希著

公開日:  更新日:

 織田源五郎長益にとって、兄の信長は常に恐怖の対象だった。織田家重臣の明智光秀が謀反を起こしたとき、ともに二条御所に移った長益に、信長の嫡男、信忠は、自分は切腹するが、「叔父上は、好きになされるがよい」と言い、厨に抜け道があると教えた。

 そこに信忠の弟で、かつて武田勝頼の元に人質として送られていた信房が深手を負って倒れ込んできた。もはや自害する力もない信房に長益がとどめを刺そうとすると、信房は信長ではなく慕っていた勝頼の名を呼んで死んだ。それを聞いたとき、多くの人の生を踏みにじった信長の巻き添えで死んでなどやるものかという思いが湧く。信長の弟らの視点で描く時代小説短編集。

(講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る