「有楽斎の戦」天野純希著

公開日:  更新日:

 織田源五郎長益にとって、兄の信長は常に恐怖の対象だった。織田家重臣の明智光秀が謀反を起こしたとき、ともに二条御所に移った長益に、信長の嫡男、信忠は、自分は切腹するが、「叔父上は、好きになされるがよい」と言い、厨に抜け道があると教えた。

 そこに信忠の弟で、かつて武田勝頼の元に人質として送られていた信房が深手を負って倒れ込んできた。もはや自害する力もない信房に長益がとどめを刺そうとすると、信房は信長ではなく慕っていた勝頼の名を呼んで死んだ。それを聞いたとき、多くの人の生を踏みにじった信長の巻き添えで死んでなどやるものかという思いが湧く。信長の弟らの視点で描く時代小説短編集。

(講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    「国民だましたらあかん」籠池夫妻が安倍首相の演説に本音

  10. 10

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

もっと見る