北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「波濤の城」五十嵐貴久著

公開日:  更新日:

 全長300メートル、11階建ての豪華客船が、整備の不備、不慮の事故、そして巨大台風に翻弄されるパニック小説である。

 この手の小説の常套ではあるが、さまざまな人間の事情を描いていて、これがまず読ませる。たとえば船長の山野辺は、左遷の内示を取り消す代わりに今回のクルーズの船長を命じられる。どういうことかというと、種子島にカジノを造る計画があり、本土から種子島へのフェリー航路を独占したいという会社の事情がある。その鍵を握るのが鹿児島県選出の衆議院議員石倉で、今回のクルーズに乗船している。つまり石倉の便宜を最大限はかるというのが山野辺に与えられた使命なのだ。

 というわけで、地元鹿児島に少しだけ寄り道したいという石倉の要望を山野辺は聞かなければならない。たとえ不慮の事故が起ころうとも、台風が来ようとも。

 自殺志願の乗客から、訳ありの暴力団員、二度と事故は起こさないと誓っている船員まで、さまざまな人間たちのドラマがこの物語の背景にあるが、作者はそれを巧みに整理して怒濤の後半に突入する。どうやって巨大な船は沈没していくのか、そこから人はどうやって脱出するのか。その迫力満点のディテールが圧巻だ。

 これは、高層ビル火災を描いた「炎の塔」に続く女性消防士・神谷夏美シリーズの第2弾で、3部作の最終編は地下街火災を描くようだ。できれば早く書いてほしい。楽しみである。

 (祥伝社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る