北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「地の星 なでし子物語」伊吹有喜著

公開日: 更新日:

 静岡の山間部で山林業と養蚕業を営む遠藤家は、代々得た富を集落に惜しみなく投じて地元に貢献してきた。平成のいま、遠藤家は凋落しているものの、本家の豪壮な邸宅常夏荘の女主人である耀子に対して、敬意をもって接している。だから、耀子が山をひとつ越えた集落のスーパーに働きに出ると、常夏荘の女主人が商品を売り場に並べたり、頭を下げてお金のやりとりをするのは許せないというのが、親戚一同の古い世代の考え方だった。ご先祖さまが嘆くというのだ。

 しかし耀子にしてみれば、もはやそういう時代ではないこと、さらに自分に何が出来るのか、試してみたいとの気持ちもある。

 そのスーパーはもともとは地元資本が経営していたが、大手チェーンに売却し、その親会社から店長として派遣されてきたのが、耀子の元同級生、由香里。彼女の話では、いまのままの売り上げが続くようなら、この店の未来はなく、閉店するのが本部の意向だという。かくて、売り上げを増すためにはどうしたらいいのか、耀子の苦闘が始まっていく。さまざまなアイデアと具体的な工夫と努力が描かれるのだ。

 したがって本書は昨今はやりの「お仕事小説」の雰囲気を持つ。しかし本書が、10歳の耀子を描いた「なでし子物語」に続く28歳の巻であること、来年刊行の「天の花」がその間をつなぐ18歳の巻であることを考えると、壮大なヒロイン大河小説の一冊であることも見えてくる。おすすめだ。

(ポプラ社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

もっと見る