北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「地の星 なでし子物語」伊吹有喜著

公開日:  更新日:

 静岡の山間部で山林業と養蚕業を営む遠藤家は、代々得た富を集落に惜しみなく投じて地元に貢献してきた。平成のいま、遠藤家は凋落しているものの、本家の豪壮な邸宅常夏荘の女主人である耀子に対して、敬意をもって接している。だから、耀子が山をひとつ越えた集落のスーパーに働きに出ると、常夏荘の女主人が商品を売り場に並べたり、頭を下げてお金のやりとりをするのは許せないというのが、親戚一同の古い世代の考え方だった。ご先祖さまが嘆くというのだ。

 しかし耀子にしてみれば、もはやそういう時代ではないこと、さらに自分に何が出来るのか、試してみたいとの気持ちもある。

 そのスーパーはもともとは地元資本が経営していたが、大手チェーンに売却し、その親会社から店長として派遣されてきたのが、耀子の元同級生、由香里。彼女の話では、いまのままの売り上げが続くようなら、この店の未来はなく、閉店するのが本部の意向だという。かくて、売り上げを増すためにはどうしたらいいのか、耀子の苦闘が始まっていく。さまざまなアイデアと具体的な工夫と努力が描かれるのだ。

 したがって本書は昨今はやりの「お仕事小説」の雰囲気を持つ。しかし本書が、10歳の耀子を描いた「なでし子物語」に続く28歳の巻であること、来年刊行の「天の花」がその間をつなぐ18歳の巻であることを考えると、壮大なヒロイン大河小説の一冊であることも見えてくる。おすすめだ。

(ポプラ社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る