「AV女優消滅」中村淳彦著

公開日: 更新日:

 AV業界は、90年代後半から、自浄作用によって過去と比べると見違えるほど健全な業界に変貌し、自ら女優に応募する女性も増えてきたといわれていた。しかし、昨春、女性団体の告発によってAV出演強要問題が発覚。それまで沈黙を守っていたAV女優たちも声をあげるようになり、業者の摘発も行われた。本書は、長年、AV女優の取材を重ねてきた著者が、その過酷な労働環境を伝えるルポルタージュ。

 芸能人になれるとスカウトされ、最後は大勢に囲まれ脅されて契約書にサインさせられたという小雪さん(仮名)など、今だからこそ話せるという女優、元女優たちの赤裸々な告白や業界側の取り組みなどを紹介しながら、存続危機に陥った業界の生き残りの道を探る。

(幻冬舎 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    「やじうまワイド」でMC 58歳の玉利かおるさんは今何を?

  8. 8

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  9. 9

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  10. 10

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る