北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「鍼灸日和」未上タニ著

公開日:  更新日:

 祖問大慶28歳、小太り丸顔の鍼灸師だ。この男、たとえばコンビニの雑誌売り場の前でガラの悪い男たちが床に座っていると「ちょっと邪魔なんだけど」と注意するのだ。男たちと揉め事になるなんて、まったく考えないのである。声をかけられた男のひとりが「うるせえチャーシュー」と悪態をつくと、今度は簡単にキレてしまう。

 ちなみに、小太りの祖問大慶が薄いピンクのTシャツを着ていたので、それが豚チックに見えること、さらには胸元に「PORK」という文字があることなどから(そういうTシャツを着るセンスもすごいが)、男が「チャーシュー」と呼んだわけだが、この小太り丸顔の鍼灸師は、「チャーシューってなんだよ」「これは豚の角煮でしょ!」と怒るのである。そこに怒るのかよ、と突っ込みたくなるところだ。さらに、強くもないのに「表に出ろ!」と言うんだから、わけがわからない。

 本書は、そのへんてこ鍼灸師が、さまざまな問題を抱えて身動きがとれなくなっている西川家にやってきて、彼らの体と心を癒やしてしまう物語だ。いや、正確にいうならば、へんてこ鍼灸師は西川家の問題をすべて解決するわけではない。それほど簡単に悩みや問題は解決しない。しかし、へんてこ鍼灸師の治療は西川家が変わるきっかけになる。

 この小太り丸顔の男に導かれるように西川家のみんなが壮絶な大喧嘩に突入するラストまで、一気読みの快作である。

(KADOKAWA 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  10. 10

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

もっと見る