北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「夜の動物園」ジン・フィリップス著、羽田詩津子訳

公開日:

 銃を持った男が動物園を占拠する。閉園間近だったので、多くの客は動物園をあとにしていたが、中にはまだ園内に残っている人間もいて、それが主人公の親子だ。占拠した男の目的が何であるのかはわからない。男は一人ではなく、複数らしいこと。わかるのはそれだけだ。

 親子は急いで隠れるのだが、ヒロインのハンディは4歳の息子を連れていること。息子が大声で泣きだしたら男たちに聞かれてしまい、ピンチになる。だから必死で言い聞かす。かくて、夜の動物園を逃げまわることになる。このように本書は、母親と幼い息子の恐怖の3時間を描くサスペンス小説である。

 これだけならシンプルすぎる話だが、もちろんこれだけではない。途中から、おやっと思う展開になり、それからたたみかけるようにいくつかのことが起きる。どんなことが起きるのか、それをここで紹介してしまったら読書の興をそぐことになるので、ここではぐっと我慢。最初は携帯電話で外部と連絡を取っていたが、その携帯電話を落としてしまって何が起きているのか皆目わからないという展開もいい。常套的ながら、こういう細部の積み重ねがサスペンスを盛り上げるのである。

 登場人物の過去と現在、意見と感情を巧みに描いているのもよし。サスペンスに奥行きが生まれているのはそのためにほかならない。4歳の息子リンカーンが、けなげで可愛いのもいい。

(KADOKAWA 1080円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る