「町工場の全社員が残業ゼロで年収600万円以上もらえる理由」吉原博著

公開日:  更新日:

 著者が経営する吉原精工は、以前は「忙しければ頑張って働くのは当たり前」というブラック企業。だが、著者は脱ブラックを目指し、「夜間専門社員」を導入して社員の「働きやすさ」を確保した。

 リーマン・ショック後の倒産危機で、社長を含め全員月給30万円、ボーナスゼロにしたら、社員から「お金がないなら時間をください」という声が。そこで残業をゼロにし、土曜か月曜を選択できる週休2日制にしたら、仕事が効率化した。それを利益にするのでなく、その分、加工料を引き下げることで競争力アップを実現する。

 NHK「クローズアップ現代+」で紹介された町工場の働き方改革の成功例。(ポプラ社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る