「町工場の全社員が残業ゼロで年収600万円以上もらえる理由」吉原博著

公開日: 更新日:

 著者が経営する吉原精工は、以前は「忙しければ頑張って働くのは当たり前」というブラック企業。だが、著者は脱ブラックを目指し、「夜間専門社員」を導入して社員の「働きやすさ」を確保した。

 リーマン・ショック後の倒産危機で、社長を含め全員月給30万円、ボーナスゼロにしたら、社員から「お金がないなら時間をください」という声が。そこで残業をゼロにし、土曜か月曜を選択できる週休2日制にしたら、仕事が効率化した。それを利益にするのでなく、その分、加工料を引き下げることで競争力アップを実現する。

 NHK「クローズアップ現代+」で紹介された町工場の働き方改革の成功例。(ポプラ社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  10. 10

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

もっと見る