• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「雇用は契約」玄田有史著

 ブラック企業、ブラックバイトなどの言葉が生まれる昨今、働き方や処遇について働く人自身がより注意を払って入社を決めるケースが増えている。

 かつての終身雇用の時代には、処遇についても「悪いようにはしないから」の一言で済まされてしまうこともあった。だが、あいまいな口約束の結果、働き手が不幸な境遇に陥ることも少なくない。

 本書は、雇用は契約という原点に立ち返ることによって、働く環境がいまどうなっているのかをつづりながら、自衛のために働き手が知っておきたいことを提示している。

 たとえば今後、人手不足になればなるほど、期間の定めのない無期契約の非正規雇用の増加が予想されるが、非正規雇用はいつでも解雇が可能だというような誤った知識のもとで不利益を被る人もいる。

 著者は、安定した働き方を実現するには、自分の契約期間を把握すること。さらに、契約期間に基づく雇用のルールを知ることが必須だと訴えている。

(筑摩書房 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る