「雇用は契約」玄田有史著

公開日:  更新日:

 ブラック企業、ブラックバイトなどの言葉が生まれる昨今、働き方や処遇について働く人自身がより注意を払って入社を決めるケースが増えている。

 かつての終身雇用の時代には、処遇についても「悪いようにはしないから」の一言で済まされてしまうこともあった。だが、あいまいな口約束の結果、働き手が不幸な境遇に陥ることも少なくない。

 本書は、雇用は契約という原点に立ち返ることによって、働く環境がいまどうなっているのかをつづりながら、自衛のために働き手が知っておきたいことを提示している。

 たとえば今後、人手不足になればなるほど、期間の定めのない無期契約の非正規雇用の増加が予想されるが、非正規雇用はいつでも解雇が可能だというような誤った知識のもとで不利益を被る人もいる。

 著者は、安定した働き方を実現するには、自分の契約期間を把握すること。さらに、契約期間に基づく雇用のルールを知ることが必須だと訴えている。

(筑摩書房 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る