「カーテンコール!」加納朋子著

公開日:  更新日:

「僕」が美しいと思って選んだのは空色のランドセル。でも、それで登校したら「おまえ、オカマかあ?」とからかわれた。中2のとき、塾で一緒になったミエちゃんは右脚が義足だった。勇気をふりしぼって「好きです。付き合って下さい」と告白したのだが、答えは「ごめんね。無理なの」だった。

 気持ち悪がられたのかとショックだったが、諦めきれずにミエちゃんの志望校だった萌木女学園の追加募集を受けて入学した。でも、ミエちゃんはいなかった。そして、理事長室に呼ばれたとき、「僕」はミエちゃんのあのときの返事の理由を知ったのだ。

 秘密を抱えた少女が集まる女学園を描く6編の連作小説。(新潮社 1400円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る