• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「カーテンコール!」加納朋子著

「僕」が美しいと思って選んだのは空色のランドセル。でも、それで登校したら「おまえ、オカマかあ?」とからかわれた。中2のとき、塾で一緒になったミエちゃんは右脚が義足だった。勇気をふりしぼって「好きです。付き合って下さい」と告白したのだが、答えは「ごめんね。無理なの」だった。

 気持ち悪がられたのかとショックだったが、諦めきれずにミエちゃんの志望校だった萌木女学園の追加募集を受けて入学した。でも、ミエちゃんはいなかった。そして、理事長室に呼ばれたとき、「僕」はミエちゃんのあのときの返事の理由を知ったのだ。

 秘密を抱えた少女が集まる女学園を描く6編の連作小説。(新潮社 1400円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る