読後、静かな感動が押し寄せてくる傑作

公開日:  更新日:

「四日間の奇蹟」浅倉卓弥著/宝島社文庫 690円+税

 音楽には不思議な力がある。精神治療において音楽療法が導入されているし、歩行訓練のリハビリなどでも音楽が効果を上げている。本書はそんな音楽がもたらした不思議な出来事を描いている。

【あらすじ】如月敬輔は幼い頃からピアニストとしての才能を開花させ、国内の各種コンクールを総なめし、高校卒業後はオーストリアへ留学、師の下でレッスンを重ねていた。

 そして3度目の新年を迎えようとしていたウィーンで事件は起きた。日本人の親子連れが強盗犯に襲撃される場面に遭遇し、幼い少女を守ろうとした如月は、左手の薬指を銃で撃たれ、ピアニストとしての未来を絶たれてしまう。両親を失った少女、千織には身寄りがなく、如月は千織と一緒に帰国することに。

 ところが千織は脳に障害があり、日常生活に大きな問題はないものの如月以外の人には心を開こうとしない。あるとき、千織には一度聴いた音楽を完璧に再現できる才能があることを発見し、試しにピアノのレッスンを施すと驚くべき上達ぶりを示した。以来、如月は千織と2人で全国の施設へ慰問演奏に出かけるようになった。

 今回訪れるのは国立脳科学研究所病院で、長期入院患者のための演奏会である。2人を迎えた病院スタッフの岩村真理子に、珍しく千織は警戒心を見せず心を開いた。実は真理子は如月の高校時代の後輩で、当時彼に憧れていたのだ。ここから4日間、3人は奇蹟のような出来事を経験することに――。

【読みどころ】物語は途中からファンタジーの世界へ入り込んでいくのだが、一見荒唐無稽な出来事が登場人物の心情に寄り添いながら丁寧に書かれていく。そして、彼らをつないでいるのは、ほかならぬ音楽なのだ。読後、静かな感動が押し寄せてくる傑作。  <石>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る