読後、静かな感動が押し寄せてくる傑作

公開日:  更新日:

「四日間の奇蹟」浅倉卓弥著/宝島社文庫 690円+税

 音楽には不思議な力がある。精神治療において音楽療法が導入されているし、歩行訓練のリハビリなどでも音楽が効果を上げている。本書はそんな音楽がもたらした不思議な出来事を描いている。

【あらすじ】如月敬輔は幼い頃からピアニストとしての才能を開花させ、国内の各種コンクールを総なめし、高校卒業後はオーストリアへ留学、師の下でレッスンを重ねていた。

 そして3度目の新年を迎えようとしていたウィーンで事件は起きた。日本人の親子連れが強盗犯に襲撃される場面に遭遇し、幼い少女を守ろうとした如月は、左手の薬指を銃で撃たれ、ピアニストとしての未来を絶たれてしまう。両親を失った少女、千織には身寄りがなく、如月は千織と一緒に帰国することに。

 ところが千織は脳に障害があり、日常生活に大きな問題はないものの如月以外の人には心を開こうとしない。あるとき、千織には一度聴いた音楽を完璧に再現できる才能があることを発見し、試しにピアノのレッスンを施すと驚くべき上達ぶりを示した。以来、如月は千織と2人で全国の施設へ慰問演奏に出かけるようになった。

 今回訪れるのは国立脳科学研究所病院で、長期入院患者のための演奏会である。2人を迎えた病院スタッフの岩村真理子に、珍しく千織は警戒心を見せず心を開いた。実は真理子は如月の高校時代の後輩で、当時彼に憧れていたのだ。ここから4日間、3人は奇蹟のような出来事を経験することに――。

【読みどころ】物語は途中からファンタジーの世界へ入り込んでいくのだが、一見荒唐無稽な出来事が登場人物の心情に寄り添いながら丁寧に書かれていく。そして、彼らをつないでいるのは、ほかならぬ音楽なのだ。読後、静かな感動が押し寄せてくる傑作。  <石>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る