「少女ミステリー倶楽部」ミステリー文学資料館編

公開日: 更新日:

 テレビで3日前に近所の郵便局に強盗が入ったニュースを見ていた「彼」を刑事が訪ねてくる。前日、彼が家賃として払った1万円札の番号が、強盗された紙幣のものと一致したというのだ。身に覚えはないが、彼はその金の出所を明かすことができない。実はその金はある少女から盗んだものだった。2日前、喫茶店で少女から声をかけられた彼は、1万円で商談が成立してホテルへ。借金に追われ支払う金がない彼は、事後、彼女がシャワーを浴びている間に、ポシェットの金を盗み出し、その場から逃げ帰ったのだった。(連城三紀彦著「少女」)

 その他、妊娠した少女との結婚に反対された青年が彼女の母親を殺した事件の謎を追う検事を主人公にした笹沢佐保の「六本木心中」など、危うさと妖しさを兼ね備える少女たちが登場するミステリー13作を収録。

 (光文社 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る