• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「極夜行」角幡唯介著

 妻の出産に立ち会った著者は、生まれたばかりの娘が子宮の暗闇から産道をくぐり抜けた瞬間、すべての人間が見るまばゆい究極の光を見たのだと思った。そして、イヌイットが住む極地は、太陽が地平線の下に沈んで4カ月も現れないことを知る。太陽が昇らない極夜の生活の後に彼らが見る本物の太陽を見たいと考えた。

 暗闇に閉ざされた極夜の空間は、著者にとって未知の空間だった。娘が3歳になったとき、著者は北緯77度47分という超極北の村シオラパルクへ向かう。そして、犬1匹を連れて、太陽がなく月にコントロールされる極寒生活を体験した著者が見たものは……。

 未知の世界を描く鮮烈なノンフィクション。(文藝春秋 1750円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  10. 10

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

もっと見る