• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「極夜行」角幡唯介著

 妻の出産に立ち会った著者は、生まれたばかりの娘が子宮の暗闇から産道をくぐり抜けた瞬間、すべての人間が見るまばゆい究極の光を見たのだと思った。そして、イヌイットが住む極地は、太陽が地平線の下に沈んで4カ月も現れないことを知る。太陽が昇らない極夜の生活の後に彼らが見る本物の太陽を見たいと考えた。

 暗闇に閉ざされた極夜の空間は、著者にとって未知の空間だった。娘が3歳になったとき、著者は北緯77度47分という超極北の村シオラパルクへ向かう。そして、犬1匹を連れて、太陽がなく月にコントロールされる極寒生活を体験した著者が見たものは……。

 未知の世界を描く鮮烈なノンフィクション。(文藝春秋 1750円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る