「極夜行」角幡唯介著

公開日:  更新日:

 妻の出産に立ち会った著者は、生まれたばかりの娘が子宮の暗闇から産道をくぐり抜けた瞬間、すべての人間が見るまばゆい究極の光を見たのだと思った。そして、イヌイットが住む極地は、太陽が地平線の下に沈んで4カ月も現れないことを知る。太陽が昇らない極夜の生活の後に彼らが見る本物の太陽を見たいと考えた。

 暗闇に閉ざされた極夜の空間は、著者にとって未知の空間だった。娘が3歳になったとき、著者は北緯77度47分という超極北の村シオラパルクへ向かう。そして、犬1匹を連れて、太陽がなく月にコントロールされる極寒生活を体験した著者が見たものは……。

 未知の世界を描く鮮烈なノンフィクション。(文藝春秋 1750円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る