「極夜行」角幡唯介著

公開日:  更新日:

 妻の出産に立ち会った著者は、生まれたばかりの娘が子宮の暗闇から産道をくぐり抜けた瞬間、すべての人間が見るまばゆい究極の光を見たのだと思った。そして、イヌイットが住む極地は、太陽が地平線の下に沈んで4カ月も現れないことを知る。太陽が昇らない極夜の生活の後に彼らが見る本物の太陽を見たいと考えた。

 暗闇に閉ざされた極夜の空間は、著者にとって未知の空間だった。娘が3歳になったとき、著者は北緯77度47分という超極北の村シオラパルクへ向かう。そして、犬1匹を連れて、太陽がなく月にコントロールされる極寒生活を体験した著者が見たものは……。

 未知の世界を描く鮮烈なノンフィクション。(文藝春秋 1750円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る