「貧困の戦後史」岩田正美著

公開日:  更新日:

 貧困には「かたち」がある、というのが著者の考え方だ。時代によって、地域によって特色があるという。

 たとえば敗戦直後は、食べるものすらないというかたち。戦争で生み出された浮浪者、浮浪児たちは「かりこみ」によって強制収容され、その一部は炭鉱労働者として送り出される。また旧満州の開拓者や軍人は帰国後、国内開拓民として僻地に追いやられ、酪農家として借金に苦しむ。それが後の海外移住を促進する政策につながる。

 また、高度成長期の大衆消費社会の実現が、多重債務問題を引き起こし、バブル崩壊後、ホームレスを誕生させることにつながった。

 貧困の問題を個人の自立に偏りさせ過ぎることを問題視し、住宅手当の支給、こどもの養育費用の支援、福祉貸し付けの充実などを提案する。(筑摩書房 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る