「済州島 四・三事件」文京洙

公開日:  更新日:

 アジア有数のリゾートとして年間1000万人もの観光客が訪れる韓国の済州島。米軍政下の1948年4月3日未明、同島では半島の南北分断に反対する左翼勢力が武装蜂起。それを鎮圧しようとする軍・右翼勢力とぶつかり、3万人もの犠牲者が出た。韓国の歴代政権によって封印されてきたこの「四・三事件」を解説した歴史テキスト。

 戦後の米ソによる分断占領に始まる事件の背景から、蜂起した武装隊と討伐隊の攻撃と報復の板挟みとなり、島民が双方から痛めつけられたという複雑な残虐行為の実態まで、事件の実相を詳述。さらに貧困と飢餓に苦しんだその後の島の歩みから、真相究明に至るまでの長い戦い、そして島の共同体が再生するまでの軌跡をつづる。

 (岩波書店 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る