「祝葬」久坂部羊著

公開日: 更新日:

 医師の手島崇が、大学時代の親友・土岐佑介の葬儀のため信州に向かうところから物語は始まる。

 37歳という若さでの突然の訃報を聞き、手島は生前に佑介から聞いた土岐一族の話を思い出す。佑介の父・冬司は、49歳で胃がんで死に、祖父の伊織は52歳の時に奥穂高で滑落死をし、曽祖父の騏一郎は55歳で肝硬変で亡くなり、大叔父の長門は50歳で入浴中に溺死、長門の息子の覚馬は、52歳で肺がんで亡くなっていた。

 全員医師ながら短命で、佑介は土岐家には早死にのDNAがあると語っていたのだ。

 自宅のソファで亡くなっていた佑介の死は事件性のない病死として処理されたが、実は佑介の死にも土岐一族の死にも、全く別の真相が隠されていた……。

 現代医療の問題点に焦点を当てた小説に定評がある著者による最新作。本作でも、人が医療に求めるものの矛盾や医師の葛藤、長生きすることによって新たに生じる困惑など、長寿の時代の問題をリアルに描いている。

(講談社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  3. 3

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  4. 4

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  5. 5

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  9. 9

    瀬戸大也と大坂なおみの敗退で生じた「アスリートに人間性は必要か?」という問い

  10. 10

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

もっと見る

人気キーワード