「祝葬」久坂部羊著

公開日: 更新日:

 医師の手島崇が、大学時代の親友・土岐佑介の葬儀のため信州に向かうところから物語は始まる。

 37歳という若さでの突然の訃報を聞き、手島は生前に佑介から聞いた土岐一族の話を思い出す。佑介の父・冬司は、49歳で胃がんで死に、祖父の伊織は52歳の時に奥穂高で滑落死をし、曽祖父の騏一郎は55歳で肝硬変で亡くなり、大叔父の長門は50歳で入浴中に溺死、長門の息子の覚馬は、52歳で肺がんで亡くなっていた。

 全員医師ながら短命で、佑介は土岐家には早死にのDNAがあると語っていたのだ。

 自宅のソファで亡くなっていた佑介の死は事件性のない病死として処理されたが、実は佑介の死にも土岐一族の死にも、全く別の真相が隠されていた……。

 現代医療の問題点に焦点を当てた小説に定評がある著者による最新作。本作でも、人が医療に求めるものの矛盾や医師の葛藤、長生きすることによって新たに生じる困惑など、長寿の時代の問題をリアルに描いている。

(講談社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  2. 2

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  5. 5

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  6. 6

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  7. 7

    高嶋哲夫氏「首都感染」は予言の書ではなく予測できたこと

  8. 8

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  9. 9

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  10. 10

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

もっと見る