• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「祝葬」久坂部羊著

 医師の手島崇が、大学時代の親友・土岐佑介の葬儀のため信州に向かうところから物語は始まる。

 37歳という若さでの突然の訃報を聞き、手島は生前に佑介から聞いた土岐一族の話を思い出す。佑介の父・冬司は、49歳で胃がんで死に、祖父の伊織は52歳の時に奥穂高で滑落死をし、曽祖父の騏一郎は55歳で肝硬変で亡くなり、大叔父の長門は50歳で入浴中に溺死、長門の息子の覚馬は、52歳で肺がんで亡くなっていた。

 全員医師ながら短命で、佑介は土岐家には早死にのDNAがあると語っていたのだ。

 自宅のソファで亡くなっていた佑介の死は事件性のない病死として処理されたが、実は佑介の死にも土岐一族の死にも、全く別の真相が隠されていた……。

 現代医療の問題点に焦点を当てた小説に定評がある著者による最新作。本作でも、人が医療に求めるものの矛盾や医師の葛藤、長生きすることによって新たに生じる困惑など、長寿の時代の問題をリアルに描いている。

(講談社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る