「テロリストの処方」久坂部羊著

公開日:

 医療費の高騰により人々は高額な医療を受けられる勝ち組と医療を受けられない負け組に分かれ、医師も高額な医療で儲ける勝ち組医師と、経営難に陥る負け組医師に二分された。その勝ち組医師を狙うテロが発生した。

 医師免許を更新制にすることで有能な医師と無能な医師を分けるという〈ラジカル・リセット〉を提唱し、全日本医師機構の総裁に選ばれた狩野万佐斗にも「豚ニ死ヲ」と書かれた脅迫状が届いた。狩野は医事評論家の浜川浩に2人の同級生だった塙を捜すことを依頼する。学生時代、教授の不正を糾弾する塙のビラに「豚に死を」の文字があったというのだ。

 拡大する医療格差をテーマにした医療ミステリー。(集英社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る