• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「テロリストの処方」久坂部羊著

 医療費の高騰により人々は高額な医療を受けられる勝ち組と医療を受けられない負け組に分かれ、医師も高額な医療で儲ける勝ち組医師と、経営難に陥る負け組医師に二分された。その勝ち組医師を狙うテロが発生した。

 医師免許を更新制にすることで有能な医師と無能な医師を分けるという〈ラジカル・リセット〉を提唱し、全日本医師機構の総裁に選ばれた狩野万佐斗にも「豚ニ死ヲ」と書かれた脅迫状が届いた。狩野は医事評論家の浜川浩に2人の同級生だった塙を捜すことを依頼する。学生時代、教授の不正を糾弾する塙のビラに「豚に死を」の文字があったというのだ。

 拡大する医療格差をテーマにした医療ミステリー。(集英社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  10. 10

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

もっと見る