「院長選挙」久坂部羊著

公開日:  更新日:

 国立大学病院最高峰に位置する天都大学医学部付属病院では、院長の宇津々が急死したため、新院長選挙が行われることになった。フリーライターの吉沢アスカは新院長の選挙を追いながら日本医療の縮図を描くノンフィクションの執筆を計画する。

 早速、院長選の4人の候補者に取材を申し込むが、いずれも変人ばかり。「臓器のヒエラルキー」を公言し内科至上主義を唱える循環器内科の徳富。その内科を目の敵にする消化器外科の大小路。若く革新的だがパワハラをくり返す整形外科の鴨下。利益優先で極度の吝嗇家である眼科の百目鬼。患者のことなど一顧だにせず、他科をののしり自己保身に走る候補者たちにあきれるアスカだが、なぜか4人とも宇津々院長の死に話が及ぶと一様に口を濁す……。

 自分の部屋を少しでも広く見せたいと全面ガラス張りにする教授など、常識外れの医師たちが登場し、国立医大の滑稽なまでのヒエラルキーによる権威主義が戯画的に描かれる。国立大学の医局の経験があり現役の医師でもある著者ならではの、大学病院の怖い真実。

 (幻冬舎 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

もっと見る