「院長選挙」久坂部羊著

公開日: 更新日:

 国立大学病院最高峰に位置する天都大学医学部付属病院では、院長の宇津々が急死したため、新院長選挙が行われることになった。フリーライターの吉沢アスカは新院長の選挙を追いながら日本医療の縮図を描くノンフィクションの執筆を計画する。

 早速、院長選の4人の候補者に取材を申し込むが、いずれも変人ばかり。「臓器のヒエラルキー」を公言し内科至上主義を唱える循環器内科の徳富。その内科を目の敵にする消化器外科の大小路。若く革新的だがパワハラをくり返す整形外科の鴨下。利益優先で極度の吝嗇家である眼科の百目鬼。患者のことなど一顧だにせず、他科をののしり自己保身に走る候補者たちにあきれるアスカだが、なぜか4人とも宇津々院長の死に話が及ぶと一様に口を濁す……。

 自分の部屋を少しでも広く見せたいと全面ガラス張りにする教授など、常識外れの医師たちが登場し、国立医大の滑稽なまでのヒエラルキーによる権威主義が戯画的に描かれる。国立大学の医局の経験があり現役の医師でもある著者ならではの、大学病院の怖い真実。

 (幻冬舎 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る