「カネと共に去りぬ」久坂部羊著

公開日:  更新日:

 がん患者の真万(ママン)が多臓器不全で死んだ。主治医の村荘は医長に強制されて、霊安室から送りだされる真万の見送りに立ち会った。「お世話になりました」と言う真万の息子に何か言えと医長にせっつかれ、村荘は「……真万さんは、死んでよかったと思います」と言った。真万のがんは胃壁を突き破り膵臓の一部にも広がっていたが、臓器を広く切除すると手術で命を落としかねない。だが医長は手術を選んだ。そのまま延命治療を続けると黄疸になって悲惨な状況になると分かっていたが、医長はぎりぎりまで生かして現代医療の実力を試したかったのだ。(「医呆人」)

 外務省の医務官だった著者が、名作のパロディーで現代医療の嘘と欺瞞を突いた短編7編。

 (新潮社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る