「カネと共に去りぬ」久坂部羊著

公開日:  更新日:

 がん患者の真万(ママン)が多臓器不全で死んだ。主治医の村荘は医長に強制されて、霊安室から送りだされる真万の見送りに立ち会った。「お世話になりました」と言う真万の息子に何か言えと医長にせっつかれ、村荘は「……真万さんは、死んでよかったと思います」と言った。真万のがんは胃壁を突き破り膵臓の一部にも広がっていたが、臓器を広く切除すると手術で命を落としかねない。だが医長は手術を選んだ。そのまま延命治療を続けると黄疸になって悲惨な状況になると分かっていたが、医長はぎりぎりまで生かして現代医療の実力を試したかったのだ。(「医呆人」)

 外務省の医務官だった著者が、名作のパロディーで現代医療の嘘と欺瞞を突いた短編7編。

 (新潮社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る