「エマニュエル・マクロン」アンヌ・フルダ著 加藤かおり訳

公開日: 更新日:

 エマニュエル・マクロンは2017年5月、先輩政治家たちを差し置いて、フランス大統領選に勝利した。39歳という若さ、スマートな容姿、人を魅了する物腰、そして24歳年上の妻。彼は何者? 「突然変異体(ミュータント)」「政界の未確認飛行物体」などと形容されるマクロンは、なかなか捉えられない謎の部分を持った人物のようだ。

「ル・フィガロ」紙のベテラン記者が、マクロン本人をはじめ、両親、妻、友人などにインタビューを重ね、史上最年少大統領の素顔に迫った。

 1977年に生まれ、両親ともに医師。幼年時代からずばぬけて優秀で、常に周りから称賛のまなざしを向けられて育った。特に、母方の祖母マネットは、エマニュエルが他の子供と違うことを早くから見抜いていた。知的で文学的素養もある教育者マネットは、孫に厳しく接し、成長の機会を与え、無条件の愛を注いだ。祖母と孫のこの特別な関係は、母親が入り込む余地がないほどだった。

 16歳のとき、エマニュエルは運命の女性ブリジットに出会う。彼女はエマニュエルが通う高校の教師で、夫と3人の子供がいた。演劇部の顧問と生徒という関係を超えた2人は、時間をかけて愛を育み、ついには結婚する。それぞれの家族を説得し、世間の偏見と戦い、揺るぎない愛を認めさせたのだ。16歳のエマニュエルが「唯一無二」と感じた愛は本物だった。

 天性の人たらしエマニュエルは、銀行家時代も、政治の世界に足を踏み入れてからも、どんどん人脈を広げ、実力者たちを味方につけて、人生の階段を駆け上がっていく。そして大統領にまで上り詰める。「天使のようなほほ笑みを浮かべた大統領候補から、決然としたまなざしで力強く語りかける大統領へ。劇的な変貌を遂げた」と著者は書く。頭がよく人好きのする完璧な青年は、権力を手にして違う顔を見せ始めているという。この先も、政界の未確認飛行物体の動きから目が離せない。(プレジデント社 2000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  2. 2

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る

人気キーワード