「昆虫学者はやめられない」小松貴著

公開日:  更新日:

 幼少期に育った静岡でも、小学生のときに移り住んだ群馬の僻地でも、成人した今でも、「思い出の要所要所に必ずカエルの存在がねじ込まれてきたように思う」という著者。カエルはどこででも、夜の森での楽しい遊び相手。

 近寄って一斉に鳴きやんだら、その場で足踏みをして、だんだん足踏みを小さくしていくと人が立ち去ったようにかん違いして、再び鳴き始める。それを繰り返して徐々に近づいてカエルを捕まえるのだ。

 驚異の観察眼の持ち主にして、2014年に上梓した「裏山の奇人―野にたゆたう博物学」で、南方熊楠の再来と注目された著者が、新潮社Webに連載した「『裏山の奇人』徘徊の記」を書籍用に再編集した自然の博物誌である。

(新潮社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る