「昆虫学者はやめられない」小松貴著

公開日: 更新日:

 幼少期に育った静岡でも、小学生のときに移り住んだ群馬の僻地でも、成人した今でも、「思い出の要所要所に必ずカエルの存在がねじ込まれてきたように思う」という著者。カエルはどこででも、夜の森での楽しい遊び相手。

 近寄って一斉に鳴きやんだら、その場で足踏みをして、だんだん足踏みを小さくしていくと人が立ち去ったようにかん違いして、再び鳴き始める。それを繰り返して徐々に近づいてカエルを捕まえるのだ。

 驚異の観察眼の持ち主にして、2014年に上梓した「裏山の奇人―野にたゆたう博物学」で、南方熊楠の再来と注目された著者が、新潮社Webに連載した「『裏山の奇人』徘徊の記」を書籍用に再編集した自然の博物誌である。

(新潮社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  7. 7

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  8. 8

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  9. 9

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  10. 10

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る