「昆虫学者はやめられない」小松貴著

公開日: 更新日:

 幼少期に育った静岡でも、小学生のときに移り住んだ群馬の僻地でも、成人した今でも、「思い出の要所要所に必ずカエルの存在がねじ込まれてきたように思う」という著者。カエルはどこででも、夜の森での楽しい遊び相手。

 近寄って一斉に鳴きやんだら、その場で足踏みをして、だんだん足踏みを小さくしていくと人が立ち去ったようにかん違いして、再び鳴き始める。それを繰り返して徐々に近づいてカエルを捕まえるのだ。

 驚異の観察眼の持ち主にして、2014年に上梓した「裏山の奇人―野にたゆたう博物学」で、南方熊楠の再来と注目された著者が、新潮社Webに連載した「『裏山の奇人』徘徊の記」を書籍用に再編集した自然の博物誌である。

(新潮社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  7. 7

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

もっと見る