「昆虫学者はやめられない」小松貴著

公開日: 更新日:

 幼少期に育った静岡でも、小学生のときに移り住んだ群馬の僻地でも、成人した今でも、「思い出の要所要所に必ずカエルの存在がねじ込まれてきたように思う」という著者。カエルはどこででも、夜の森での楽しい遊び相手。

 近寄って一斉に鳴きやんだら、その場で足踏みをして、だんだん足踏みを小さくしていくと人が立ち去ったようにかん違いして、再び鳴き始める。それを繰り返して徐々に近づいてカエルを捕まえるのだ。

 驚異の観察眼の持ち主にして、2014年に上梓した「裏山の奇人―野にたゆたう博物学」で、南方熊楠の再来と注目された著者が、新潮社Webに連載した「『裏山の奇人』徘徊の記」を書籍用に再編集した自然の博物誌である。

(新潮社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る