「動物翻訳家」片野ゆか著

公開日: 更新日:

 各地の動物園で、動物たちのためにより良い環境を目指して悪戦苦闘する飼育員たちの姿を描いたリアルストーリー。

 埼玉県こども動物自然公園の飼育員・小山は、園長の日橋に見込まれ新設されるペンギン舎の担当に抜擢される。

 施設は来園者が動物舎の中を歩きながら観察する「ウオークスルー」を導入することになり、小山らは研究者の提案で南米チリのフンボルトペンギンの生息地・チロエ島と同じ環境をつくることを目指す。

 その他、巨大鳥類のアフリカハゲコウが自在に空を飛び回るフリーフライト公開を実現した山口県の秋吉台自然動物公園サファリランドの佐藤梓ら、4人の飼育員の奮闘を紹介する。(集英社 720円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  9. 9

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  10. 10

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

もっと見る