「たいへんな生きもの」マット・サイモン著 松井信彦訳

公開日:  更新日:

 フロリダで爆発的に増えて問題となったカタツムリ、アフリカマイマイは大きさ30センチ! 植物を何でも食べ、フロリダだけでトマトなど500種が被害を受けた。

 それだけでなく殻を作るのにカルシウムが必要なので、家屋の化粧しっくいやコンクリートまでかじる。アフリカマイマイは雌雄同体なので、成熟した個体といつでも交尾できるうえに、どちらも相手から受精でき、10年の生涯で毎年1200個も卵を産む。広東住血線虫が寄生していることもあり、感染すると脳が侵されてマヒや失明を引き起こしたり、死に至ることも。

 ほかに、気が狂いそうな音で求愛の歌を歌うガマアンコウなど、人に害を与えるとてつもない生きものと解決策を満載。

(インターシフト 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る