「たいへんな生きもの」マット・サイモン著 松井信彦訳

公開日: 更新日:

 フロリダで爆発的に増えて問題となったカタツムリ、アフリカマイマイは大きさ30センチ! 植物を何でも食べ、フロリダだけでトマトなど500種が被害を受けた。

 それだけでなく殻を作るのにカルシウムが必要なので、家屋の化粧しっくいやコンクリートまでかじる。アフリカマイマイは雌雄同体なので、成熟した個体といつでも交尾できるうえに、どちらも相手から受精でき、10年の生涯で毎年1200個も卵を産む。広東住血線虫が寄生していることもあり、感染すると脳が侵されてマヒや失明を引き起こしたり、死に至ることも。

 ほかに、気が狂いそうな音で求愛の歌を歌うガマアンコウなど、人に害を与えるとてつもない生きものと解決策を満載。

(インターシフト 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  3. 3

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  4. 4

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    ジャパンライフと政界、マスコミ、警察の結託…腐った構造

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る