「絶滅危惧の地味な虫たち」小松貴著

公開日:  更新日:

 日本に生息する昆虫のうち現在、環境省のレッドリストに掲載されているのは868種。しかし、希少動物の保護活動で注目を集めるのはチョウやトンボ、大型甲虫ばかりで、それらを除いた約700種の絶滅危惧種の昆虫は見向きもされていない。

 そんな絶滅危惧種の中でも殊更に世間で話題に上らない種を取り上げ、その現状を解説しながら、彼らへの惜しみない「愛」を語る昆虫エッセー。

 地下や洞窟などにすみ複眼が縮小・退化したため、ただの悪口にしか聞こえない名前の「メクラチビゴミムシ」など、「より小さく、より目立たなく、より知られていないもの」を中心に、さまざまな昆虫を紹介しながら、身近な環境にいかに多くの絶滅危惧種が存在しているかを説く。(筑摩書房 950円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  3. 3

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  8. 8

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

もっと見る