「絶滅危惧の地味な虫たち」小松貴著

公開日: 更新日:

 日本に生息する昆虫のうち現在、環境省のレッドリストに掲載されているのは868種。しかし、希少動物の保護活動で注目を集めるのはチョウやトンボ、大型甲虫ばかりで、それらを除いた約700種の絶滅危惧種の昆虫は見向きもされていない。

 そんな絶滅危惧種の中でも殊更に世間で話題に上らない種を取り上げ、その現状を解説しながら、彼らへの惜しみない「愛」を語る昆虫エッセー。

 地下や洞窟などにすみ複眼が縮小・退化したため、ただの悪口にしか聞こえない名前の「メクラチビゴミムシ」など、「より小さく、より目立たなく、より知られていないもの」を中心に、さまざまな昆虫を紹介しながら、身近な環境にいかに多くの絶滅危惧種が存在しているかを説く。(筑摩書房 950円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  4. 4

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  5. 5

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  8. 8

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る