「絶滅危惧の地味な虫たち」小松貴著

公開日:  更新日:

 日本に生息する昆虫のうち現在、環境省のレッドリストに掲載されているのは868種。しかし、希少動物の保護活動で注目を集めるのはチョウやトンボ、大型甲虫ばかりで、それらを除いた約700種の絶滅危惧種の昆虫は見向きもされていない。

 そんな絶滅危惧種の中でも殊更に世間で話題に上らない種を取り上げ、その現状を解説しながら、彼らへの惜しみない「愛」を語る昆虫エッセー。

 地下や洞窟などにすみ複眼が縮小・退化したため、ただの悪口にしか聞こえない名前の「メクラチビゴミムシ」など、「より小さく、より目立たなく、より知られていないもの」を中心に、さまざまな昆虫を紹介しながら、身近な環境にいかに多くの絶滅危惧種が存在しているかを説く。(筑摩書房 950円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る