「豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまえ事件」倉知淳著

公開日: 更新日:

 飯塚勝男二等兵は陸軍特殊科学研究所で、空間をひっくり返す「空間転位式爆撃装置」の研究に従事している。当番交代の時間に景浦二等兵を呼びに行ったら、彼の死体を発見、周囲に豆腐のかけらが散らばっている。その前日、景浦は正木博士に「豆腐の角に頭をぶつけて死んでしまえっ」と罵倒され、夜食だと豆腐を渡されたのだった。

 飯塚が豆腐で撲殺したと疑われたが、正木博士は、豆腐を凍らせて凶器にするには氷点下40度くらいにしないと無理だという。すると刀根少佐が、実験の第1段階が成功して、空間逆転現象が起こり、凸状になった部屋の隅にぶつかったのではないかと言いだした。(表題作)

 奇妙奇天烈な事件やユーモラスなミステリーなど6編。

 (実業之日本社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  3. 3

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  4. 4

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  5. 5

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  6. 6

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  7. 7

    日米安保破棄を示唆 トランプ発言の狙いは日米貿易交渉

  8. 8

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  9. 9

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  10. 10

    闇営業問題でTV各局大慌て…“我が道”路線テレ東の対応は?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る