「豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまえ事件」倉知淳著

公開日: 更新日:

 飯塚勝男二等兵は陸軍特殊科学研究所で、空間をひっくり返す「空間転位式爆撃装置」の研究に従事している。当番交代の時間に景浦二等兵を呼びに行ったら、彼の死体を発見、周囲に豆腐のかけらが散らばっている。その前日、景浦は正木博士に「豆腐の角に頭をぶつけて死んでしまえっ」と罵倒され、夜食だと豆腐を渡されたのだった。

 飯塚が豆腐で撲殺したと疑われたが、正木博士は、豆腐を凍らせて凶器にするには氷点下40度くらいにしないと無理だという。すると刀根少佐が、実験の第1段階が成功して、空間逆転現象が起こり、凸状になった部屋の隅にぶつかったのではないかと言いだした。(表題作)

 奇妙奇天烈な事件やユーモラスなミステリーなど6編。

 (実業之日本社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    あの落合でも叶わず…プロ野球初「4割打者」は誕生するか

もっと見る