「にらみ」長岡弘樹著

公開日:  更新日:

 片平刑事は殺人事件の被疑者、保原を知っていた。4年前、保原が事務所荒らしで懲役5年の判決が出された公判を傍聴したのだ。

 担当した捜査員の代わりに、自供どおりのことを話すか最前列で確認する「にらみ」という任務である。

 保原は仮釈放後、就職した工場でいじめを受けてやめ、収入がなくなり、彼を担当した保護司の石橋マサ江が貯めている金を盗もうと、農薬を飲ませて殺したという。その現場を隣家の主婦に目撃された。だが、片平は、保原がマサ江の正面に立っていたということに違和感を覚えた。そんな姿勢で毒を飲ませることができるのか。(「にらみ」)

 読者の意表を突くミステリー7編。

 (光文社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

もっと見る