「にらみ」長岡弘樹著

公開日:  更新日:

 片平刑事は殺人事件の被疑者、保原を知っていた。4年前、保原が事務所荒らしで懲役5年の判決が出された公判を傍聴したのだ。

 担当した捜査員の代わりに、自供どおりのことを話すか最前列で確認する「にらみ」という任務である。

 保原は仮釈放後、就職した工場でいじめを受けてやめ、収入がなくなり、彼を担当した保護司の石橋マサ江が貯めている金を盗もうと、農薬を飲ませて殺したという。その現場を隣家の主婦に目撃された。だが、片平は、保原がマサ江の正面に立っていたということに違和感を覚えた。そんな姿勢で毒を飲ませることができるのか。(「にらみ」)

 読者の意表を突くミステリー7編。

 (光文社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  7. 7

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  10. 10

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

もっと見る