「隠蔽人類」鳥飼否宇著

公開日: 更新日:

 形質人類学者の日谷隆一をリーダーとする調査団は、アマゾン川の支流に向かった。アメリカの冒険家、クリス・グロールが出会ったという未知の民族、キズキ族の調査のためだ。それらしい集落を見つけてクリス・グロールの写真を見せ、彼が出会ったキズキ族だと確認した。メンバーの尾崎がキズキ族の美女、ミラをたらし込んで血液を採取し、遺伝子マーカーを解析して、自分の血液と照合したら、ホモ・サピエンスとは別種である可能性があることが判明した。ところが翌日、尾崎が首なし死体となって、キズキ族の葬送儀礼を行う聖地で発見された。(「隠蔽人類の発見と殺人」)

 隠蔽人類をめぐる5編の連作ミステリー。 (光文社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  4. 4

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  5. 5

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  6. 6

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  7. 7

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  8. 8

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  9. 9

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

  10. 10

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

もっと見る