• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「狂い壁 狂い窓」竹本健治著

 築60年超えの洋館アパート「樹影荘」の1階に住む緋沙子は、壁から湧き出す小さな虫に悩まされていた。建物は、元産婦人科病院で、虫が湧いてくる壁は、かつて隣の部屋に通じる戸口だったらしい。隣には浅川という男が住んでいる。緋沙子と仲の良い2階に住む少年・響司郎は、この家を住む者の性格を知らず知らずねじ曲げていく幽霊屋敷のようなものだという。ある日、夜中に目覚めた浅川は水音を耳にする。以前にもあった3階の住人・小野田のトイレが原因の水漏れかと確かめると、畳におびただしい血だまりが広がっていた。慌てて小野田に抗議に行くが、戻ると血だまりは消えていた。

 6組の住人が次々と起きる怪事件に追い詰められていく戦慄ミステリー。 (講談社 740円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る