「狂い壁 狂い窓」竹本健治著

公開日:  更新日:

 築60年超えの洋館アパート「樹影荘」の1階に住む緋沙子は、壁から湧き出す小さな虫に悩まされていた。建物は、元産婦人科病院で、虫が湧いてくる壁は、かつて隣の部屋に通じる戸口だったらしい。隣には浅川という男が住んでいる。緋沙子と仲の良い2階に住む少年・響司郎は、この家を住む者の性格を知らず知らずねじ曲げていく幽霊屋敷のようなものだという。ある日、夜中に目覚めた浅川は水音を耳にする。以前にもあった3階の住人・小野田のトイレが原因の水漏れかと確かめると、畳におびただしい血だまりが広がっていた。慌てて小野田に抗議に行くが、戻ると血だまりは消えていた。

 6組の住人が次々と起きる怪事件に追い詰められていく戦慄ミステリー。 (講談社 740円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る