「平凡な革命家の食卓」樋口有介著

公開日: 更新日:

 東京・国分寺の市会議員・増岡誠人が自宅で死亡しているのが発見されたところから物語は始まる。増岡の遺体は帰宅した家族によって発見され、医師と警察が立ち会うことになったが、特に不審な点もなく医師の見立ても急性の心不全だった。

 ところが、所轄での、ぱっとしない毎日を送っていた卯月枝衣子警部補は、このなんでもない病死をどうにか殺人に格上げして本庁栄転の足掛かりにできないかと思いつく。

 亡くなったのは、前職は中学教師で担がれただけの市会議員だが、まがりなりにも政治家だと主張して、念のため血液検査をしておくことを提案。刑事部長を言いくるめて、強引に単独捜査に乗り出すのだが……。

「ぼくと、ぼくらの夏」で第6回サントリーミステリー大賞読者賞を受賞でデビューして以来、ユーモアあふれる青春ミステリーなどの分野で活躍している著者による最新作。なんとか事件に仕立てようともくろむ主人公が掘り返した真実に驚かされる。

(祥伝社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    他国と何が違う? 政府の中途半端な方針が生んだ感染爆発

  5. 5

    民主党政権にも及ばなかった「戦後最長の景気拡大」の嘘

  6. 6

    たけしに欽ちゃんも…コロナが蝕む大御所芸人のメンタル

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    レバノンがゴーンを引き渡す日…経済危機とコロナで混迷

  9. 9

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  10. 10

    ヤラセ寸劇会見でお茶を濁す安倍首相に「最後のお願い」

もっと見る