• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「平凡な革命家の食卓」樋口有介著

 東京・国分寺の市会議員・増岡誠人が自宅で死亡しているのが発見されたところから物語は始まる。増岡の遺体は帰宅した家族によって発見され、医師と警察が立ち会うことになったが、特に不審な点もなく医師の見立ても急性の心不全だった。

 ところが、所轄での、ぱっとしない毎日を送っていた卯月枝衣子警部補は、このなんでもない病死をどうにか殺人に格上げして本庁栄転の足掛かりにできないかと思いつく。

 亡くなったのは、前職は中学教師で担がれただけの市会議員だが、まがりなりにも政治家だと主張して、念のため血液検査をしておくことを提案。刑事部長を言いくるめて、強引に単独捜査に乗り出すのだが……。

「ぼくと、ぼくらの夏」で第6回サントリーミステリー大賞読者賞を受賞でデビューして以来、ユーモアあふれる青春ミステリーなどの分野で活躍している著者による最新作。なんとか事件に仕立てようともくろむ主人公が掘り返した真実に驚かされる。

(祥伝社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る