「平凡な革命家の食卓」樋口有介著

公開日:  更新日:

 東京・国分寺の市会議員・増岡誠人が自宅で死亡しているのが発見されたところから物語は始まる。増岡の遺体は帰宅した家族によって発見され、医師と警察が立ち会うことになったが、特に不審な点もなく医師の見立ても急性の心不全だった。

 ところが、所轄での、ぱっとしない毎日を送っていた卯月枝衣子警部補は、このなんでもない病死をどうにか殺人に格上げして本庁栄転の足掛かりにできないかと思いつく。

 亡くなったのは、前職は中学教師で担がれただけの市会議員だが、まがりなりにも政治家だと主張して、念のため血液検査をしておくことを提案。刑事部長を言いくるめて、強引に単独捜査に乗り出すのだが……。

「ぼくと、ぼくらの夏」で第6回サントリーミステリー大賞読者賞を受賞でデビューして以来、ユーモアあふれる青春ミステリーなどの分野で活躍している著者による最新作。なんとか事件に仕立てようともくろむ主人公が掘り返した真実に驚かされる。

(祥伝社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る