「長く高い壁」浅田次郎著

公開日: 更新日:

 時は1938年秋。当代きっての流行探偵作家の小柳逸馬は、従軍作家として北京に派遣されていたが、突然、前線へ向かうよう要請を受ける。北支那方面軍司令部検閲班長の川津中尉の案内で着いた先は万里の長城の張飛嶺。当地はゲリラの攻撃が頻発し、その守備要員として歩兵大隊が置かれていたが主力は前線に抜かれ、現在は3個分隊30人が警備に当たっていた。そのうち第一分隊10人全員が死亡する事件が発生。小柳にこの事件を解明せよというのだ。

 小柳は川津と一緒に、関係者の聞き込みを始める。ところが、現場に残された証拠から推察される事件の概要と証言者たちの供述とがことごとく一致しない。分隊内でのあつれきや軍隊ならではの論理が複雑に絡まり、真相を見えにくくしていたのである。果たして彼らの死因は何なのか、そしてこの調査になぜ探偵作家が呼ばれたのか。

 ミステリーの手法を用いながら、「戦争の大義」「軍人にとっての戦争」とは何かという大きなテーマに挑む野心作。

(KADOKAWA 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    「入院制限」は誰の発案なのか “独断会議”の出席者は5人、与党内からも突き上げの嵐

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    自治体の長なら子供をまず守れ この国には一定数の野蛮な親父がいる

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  7. 7

    <21>800万円のロングコートを着てムービーカメラの前で悪代官のように振る舞う

  8. 8

    英国は「集団免疫」を獲得した? 成人7割ワクチン接種完了、専門家の見解は

  9. 9

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  10. 10

    「私たちの夢」NY市警刑事の殉職から7年…人工授精で生まれた娘が4歳に

もっと見る

人気キーワード