「長く高い壁」浅田次郎著

公開日: 更新日:

 時は1938年秋。当代きっての流行探偵作家の小柳逸馬は、従軍作家として北京に派遣されていたが、突然、前線へ向かうよう要請を受ける。北支那方面軍司令部検閲班長の川津中尉の案内で着いた先は万里の長城の張飛嶺。当地はゲリラの攻撃が頻発し、その守備要員として歩兵大隊が置かれていたが主力は前線に抜かれ、現在は3個分隊30人が警備に当たっていた。そのうち第一分隊10人全員が死亡する事件が発生。小柳にこの事件を解明せよというのだ。

 小柳は川津と一緒に、関係者の聞き込みを始める。ところが、現場に残された証拠から推察される事件の概要と証言者たちの供述とがことごとく一致しない。分隊内でのあつれきや軍隊ならではの論理が複雑に絡まり、真相を見えにくくしていたのである。果たして彼らの死因は何なのか、そしてこの調査になぜ探偵作家が呼ばれたのか。

 ミステリーの手法を用いながら、「戦争の大義」「軍人にとっての戦争」とは何かという大きなテーマに挑む野心作。

(KADOKAWA 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  4. 4

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  5. 5

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  6. 6

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  7. 7

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  8. 8

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  9. 9

    外出禁止4週目で実感 日本人の規律にロックダウンは不要

  10. 10

    堀北真希を超える? 妹・NANAMIのブレークを後押しする力

もっと見る