「長く高い壁」浅田次郎著

公開日: 更新日:

 時は1938年秋。当代きっての流行探偵作家の小柳逸馬は、従軍作家として北京に派遣されていたが、突然、前線へ向かうよう要請を受ける。北支那方面軍司令部検閲班長の川津中尉の案内で着いた先は万里の長城の張飛嶺。当地はゲリラの攻撃が頻発し、その守備要員として歩兵大隊が置かれていたが主力は前線に抜かれ、現在は3個分隊30人が警備に当たっていた。そのうち第一分隊10人全員が死亡する事件が発生。小柳にこの事件を解明せよというのだ。

 小柳は川津と一緒に、関係者の聞き込みを始める。ところが、現場に残された証拠から推察される事件の概要と証言者たちの供述とがことごとく一致しない。分隊内でのあつれきや軍隊ならではの論理が複雑に絡まり、真相を見えにくくしていたのである。果たして彼らの死因は何なのか、そしてこの調査になぜ探偵作家が呼ばれたのか。

 ミステリーの手法を用いながら、「戦争の大義」「軍人にとっての戦争」とは何かという大きなテーマに挑む野心作。

(KADOKAWA 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る