「折りたたみ北京」ケン・リュウ編、中原尚哉ほか訳

公開日: 更新日:

 米国で活躍する人気中国人作家の編者が英訳して世界に広めた現代中国SFのアンソロジー。7人の作家の13作を収録。

 表題作(カク景芳=ハオ・ジンファン=著 大谷真弓訳)は、貧富の差によって折りたたみ式の3つのスペースに分かれた北京が舞台。第1スペースに割り当てられた時間は午前6時から24時間。住民が眠りについた後、地面が回転して現れる裏面の第2、第3スペースにも時間が分配され、各スペースの住人は完全に分離されている。最下層の第3スペースでごみ処理施設の作業員として働く48歳の老刀(ラオ・ダイ)は、幼い糖糖(タンタン)の教育費を得るために、危険を冒して第2スペースの住人から預かった手紙を第1スペースの女性に届ける仕事を引き受ける。

(早川書房 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  6. 6

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  7. 7

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  8. 8

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る