「折りたたみ北京」ケン・リュウ編、中原尚哉ほか訳

公開日: 更新日:

 米国で活躍する人気中国人作家の編者が英訳して世界に広めた現代中国SFのアンソロジー。7人の作家の13作を収録。

 表題作(カク景芳=ハオ・ジンファン=著 大谷真弓訳)は、貧富の差によって折りたたみ式の3つのスペースに分かれた北京が舞台。第1スペースに割り当てられた時間は午前6時から24時間。住民が眠りについた後、地面が回転して現れる裏面の第2、第3スペースにも時間が分配され、各スペースの住人は完全に分離されている。最下層の第3スペースでごみ処理施設の作業員として働く48歳の老刀(ラオ・ダイ)は、幼い糖糖(タンタン)の教育費を得るために、危険を冒して第2スペースの住人から預かった手紙を第1スペースの女性に届ける仕事を引き受ける。

(早川書房 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る

人気キーワード