「折りたたみ北京」ケン・リュウ編、中原尚哉ほか訳

公開日:  更新日:

 米国で活躍する人気中国人作家の編者が英訳して世界に広めた現代中国SFのアンソロジー。7人の作家の13作を収録。

 表題作(カク景芳=ハオ・ジンファン=著 大谷真弓訳)は、貧富の差によって折りたたみ式の3つのスペースに分かれた北京が舞台。第1スペースに割り当てられた時間は午前6時から24時間。住民が眠りについた後、地面が回転して現れる裏面の第2、第3スペースにも時間が分配され、各スペースの住人は完全に分離されている。最下層の第3スペースでごみ処理施設の作業員として働く48歳の老刀(ラオ・ダイ)は、幼い糖糖(タンタン)の教育費を得るために、危険を冒して第2スペースの住人から預かった手紙を第1スペースの女性に届ける仕事を引き受ける。

(早川書房 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る