「TAP」G・イーガン著、山岸真編訳

公開日: 更新日:

 大学教員のクレアに、国家安全保障局時代の元上司から〈銀炎〉患者の分布に変則が見つかったと連絡が入る。銀炎ウイルスの起源はいまだに不明で、感染者の9割が3日以内に死んでしまう。

 ノースカロライナ州グリーンズボロ周辺の感染経路地図は、感染力を持ちながら本人は無症候の人間が存在する可能性を示していた。現地に飛んだクレアは、患者が感染前に新しい小共同体運動のひとつ「ヘロドトス村」のイベントに参加していたことを突き止め、村に向かう。(「銀炎」)

 究極の言語表現を可能にする「TAPインプラント」を脳に埋め込んだ詩人の死の真相を探る探偵を主人公にした表題作のほか、世界最高峰のSF作家と称される著者の傑作集。(河出書房新社 900円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  8. 8

    今更札幌って…マラソン前代未聞の開催地変更案で世界の恥

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る