「TAP」G・イーガン著、山岸真編訳

公開日:  更新日:

 大学教員のクレアに、国家安全保障局時代の元上司から〈銀炎〉患者の分布に変則が見つかったと連絡が入る。銀炎ウイルスの起源はいまだに不明で、感染者の9割が3日以内に死んでしまう。

 ノースカロライナ州グリーンズボロ周辺の感染経路地図は、感染力を持ちながら本人は無症候の人間が存在する可能性を示していた。現地に飛んだクレアは、患者が感染前に新しい小共同体運動のひとつ「ヘロドトス村」のイベントに参加していたことを突き止め、村に向かう。(「銀炎」)

 究極の言語表現を可能にする「TAPインプラント」を脳に埋め込んだ詩人の死の真相を探る探偵を主人公にした表題作のほか、世界最高峰のSF作家と称される著者の傑作集。(河出書房新社 900円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  9. 9

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  10. 10

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

もっと見る