「TAP」G・イーガン著、山岸真編訳

公開日: 更新日:

 大学教員のクレアに、国家安全保障局時代の元上司から〈銀炎〉患者の分布に変則が見つかったと連絡が入る。銀炎ウイルスの起源はいまだに不明で、感染者の9割が3日以内に死んでしまう。

 ノースカロライナ州グリーンズボロ周辺の感染経路地図は、感染力を持ちながら本人は無症候の人間が存在する可能性を示していた。現地に飛んだクレアは、患者が感染前に新しい小共同体運動のひとつ「ヘロドトス村」のイベントに参加していたことを突き止め、村に向かう。(「銀炎」)

 究極の言語表現を可能にする「TAPインプラント」を脳に埋め込んだ詩人の死の真相を探る探偵を主人公にした表題作のほか、世界最高峰のSF作家と称される著者の傑作集。(河出書房新社 900円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  8. 8

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

  9. 9

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  10. 10

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

もっと見る

人気キーワード