「不便ですてきな江戸の町」永井義男著

公開日: 更新日:

 ある日、日本近世史を専門とする研究者・会沢竜真の元へ、会沢の古文書解読講座の受講生で大手出版社勤務の島辺国広から電話がかかってきた。

 伯母の遺産である一軒家の片付けに行ったところ、見知らぬ引き戸があり、こじ開けると暗黒の闇が広がっていて、手を伸ばすと体が吸い込まれ、気がつくと草むらに尻もちをついていたというのだ。そして、人家が並ぶところへ歩いていくと男も女も着物姿で、しかもまげを結っている。慌ててスマホで写真を撮るが、その様子を見ていた村人に追いかけられ、ほうほうの体で現代に戻ってきたというのだ。会沢は島辺と2人で江戸の町へのタイムスリップの探検に出掛ける――。

 SF小説仕立てで江戸時代の風俗・習慣などを生々しく描いた新趣向の江戸ガイド本。

(柏書房 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る