• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「不便ですてきな江戸の町」永井義男著

 ある日、日本近世史を専門とする研究者・会沢竜真の元へ、会沢の古文書解読講座の受講生で大手出版社勤務の島辺国広から電話がかかってきた。

 伯母の遺産である一軒家の片付けに行ったところ、見知らぬ引き戸があり、こじ開けると暗黒の闇が広がっていて、手を伸ばすと体が吸い込まれ、気がつくと草むらに尻もちをついていたというのだ。そして、人家が並ぶところへ歩いていくと男も女も着物姿で、しかもまげを結っている。慌ててスマホで写真を撮るが、その様子を見ていた村人に追いかけられ、ほうほうの体で現代に戻ってきたというのだ。会沢は島辺と2人で江戸の町へのタイムスリップの探検に出掛ける――。

 SF小説仕立てで江戸時代の風俗・習慣などを生々しく描いた新趣向の江戸ガイド本。

(柏書房 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  7. 7

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

もっと見る