「星を創る者たち」谷甲州著

公開日: 更新日:

 建設会社員の山崎は、月面の都市間を結ぶ全長120キロの「コペルニクス隧道」の建設現場で働く。山崎と部下のクリシュナの担当は、本坑工事を先行する先進導坑の掘削だ。

 ある日、掘削で出た岩石屑を搬出する圧送管システムの効率が低下し、山崎はメンテナンスに向かう。作業中、内壁の奥から異音が響いてくる。直後、轟音とともに天井部分のクラックから豪雨のように砂が噴出し、坑道がふさがれてしまう。統括主任によると、工区に閉じ込められた山崎とクリシュナの救出には10日ほどかかるという。そんな中、山崎は砂壁が液体のように移動をしているのに気づく。(「コペルニクス隧道」)

「宇宙土木」という新ジャンルに挑んだ異色SF短編集。(河出書房新社 880円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  3. 3

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  4. 4

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  8. 8

    「Go To トラベル」は存続の危機?観光庁に聞いた30の質問

  9. 9

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  10. 10

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

もっと見る