「星を創る者たち」谷甲州著

公開日:  更新日:

 建設会社員の山崎は、月面の都市間を結ぶ全長120キロの「コペルニクス隧道」の建設現場で働く。山崎と部下のクリシュナの担当は、本坑工事を先行する先進導坑の掘削だ。

 ある日、掘削で出た岩石屑を搬出する圧送管システムの効率が低下し、山崎はメンテナンスに向かう。作業中、内壁の奥から異音が響いてくる。直後、轟音とともに天井部分のクラックから豪雨のように砂が噴出し、坑道がふさがれてしまう。統括主任によると、工区に閉じ込められた山崎とクリシュナの救出には10日ほどかかるという。そんな中、山崎は砂壁が液体のように移動をしているのに気づく。(「コペルニクス隧道」)

「宇宙土木」という新ジャンルに挑んだ異色SF短編集。(河出書房新社 880円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る