「女政治家の通信簿」古谷経衡著

公開日:

「女性が輝く」をスローガンに掲げる安倍内閣だが、女性閣僚をはじめ、女性議員、さらに夫人の言動に振り回され、女難に見舞われた内閣だともいえる。

 本書は、そんな総理の取り巻き議員をはじめとする現役女性議員の政治家としての資質を検証する人物批評。

 選挙に勝てば女性の勝利、負ければ男性優位社会のせいという詭弁を弄する小池百合子都知事をはじめ、「保守の世界観や、タカ派的価値観が虫食い状態に存在するだけで、そこに体系的なものを発見することができない」という稲田朋美元防衛大臣、女であることを売り物にして政治家の道に進んだ凡百の女政治家とは全く異なるという野田聖子総務大臣など保守からリベラルまで女性政治家29人を俎上に載せる。

 (小学館 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る