• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「女政治家の通信簿」古谷経衡著

「女性が輝く」をスローガンに掲げる安倍内閣だが、女性閣僚をはじめ、女性議員、さらに夫人の言動に振り回され、女難に見舞われた内閣だともいえる。

 本書は、そんな総理の取り巻き議員をはじめとする現役女性議員の政治家としての資質を検証する人物批評。

 選挙に勝てば女性の勝利、負ければ男性優位社会のせいという詭弁を弄する小池百合子都知事をはじめ、「保守の世界観や、タカ派的価値観が虫食い状態に存在するだけで、そこに体系的なものを発見することができない」という稲田朋美元防衛大臣、女であることを売り物にして政治家の道に進んだ凡百の女政治家とは全く異なるという野田聖子総務大臣など保守からリベラルまで女性政治家29人を俎上に載せる。

 (小学館 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

もっと見る