「女政治家の通信簿」古谷経衡著

公開日:

「女性が輝く」をスローガンに掲げる安倍内閣だが、女性閣僚をはじめ、女性議員、さらに夫人の言動に振り回され、女難に見舞われた内閣だともいえる。

 本書は、そんな総理の取り巻き議員をはじめとする現役女性議員の政治家としての資質を検証する人物批評。

 選挙に勝てば女性の勝利、負ければ男性優位社会のせいという詭弁を弄する小池百合子都知事をはじめ、「保守の世界観や、タカ派的価値観が虫食い状態に存在するだけで、そこに体系的なものを発見することができない」という稲田朋美元防衛大臣、女であることを売り物にして政治家の道に進んだ凡百の女政治家とは全く異なるという野田聖子総務大臣など保守からリベラルまで女性政治家29人を俎上に載せる。

 (小学館 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  5. 5

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  6. 6

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  7. 7

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  8. 8

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    狡猾な安倍政権、弱体化するメディア…6年弱で国は変貌

もっと見る