• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「国家の教育支配がすすむ」寺脇研著

 2015年、安倍政権は教育委員会制度の改変をもくろんで新教育委員会制度を発足させた。自治体の首長の権限を増大させ、「教育、学術及び文化の振興に関する総合的な施策の大綱」を首長が定めることにしたのである。

 また、従来は教育委員長は委員による互選で選ばれ、教育委員会事務局の長である教育長は委員の中から教育委員会が任命していた。それを、教育委員長職を廃止し、教育長を、教育委員会及び事務局の長の権限をもつ責任者として首長が直接任命することにした。

 この拙速な「改革」の背景には橋下徹らポピュリズム的人気をもつ首長の存在がある。「ゆとり教育」を推進した元文部官僚による政治家の教育への不当な介入への批判の書。(青灯社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る