永井義男
著者のコラム一覧
永井義男作家

1949年、福岡県生まれ。東京外国語大学卒。97年「算学奇人伝」で第6回開高健賞受賞。「影の剣法」などの時代小説の他、ノンフィクションの「江戸の下半身事情」「図説 大江戸性風俗事典」など著書多数。

「武士の日本史」高橋昌明著

公開日: 更新日:

 サムライにあこがれる外国人がテレビなどに登場すると、ちょっとくすぐったい気分になる。とはいえ、日本人として悪い気はしない。また、日本人のほとんどは家系が話題になると、「うちの先祖は武士だった」と誇らしげに述べる。実際には人口構成からいって、そんなことはあり得ないのだが。

 ともあれ、サムライや武士はプラスのイメージでとらえられていることになろう。

 では、そもそも武士とは何なのであろうか。多くの人がイメージしているのは、時代小説や時代劇に登場する戦国時代の武将、そして江戸時代の下級武士であろう。とくに江戸時代の武士は文武両道で倫理礼節を守った、と信じられているようだ。

 本書には、その発生からたどりながら、武士の実像が描かれている。なかでも「第3章 武器と戦闘」以降が俄然、面白い。

「刀は武士の魂」「忠義を重んじる」など武士や武士道に関する通説、思い込みなどが次々とくつがえされていく。いわば証拠を提示しながらの論述は、小気味いいほどである。

 そもそも戦士集団だった武士は近世、支配階級となるに及び、文官とならざるを得なかった。その一方で、「武士は死を恐れない」など“観念的”な武士道は残っていった。

 明治以降、軍人=武士という詭弁が生まれ、太平洋戦争の終了まで続いた。たしかに一部の人々に誇りをいだかせたかもしれないが、著者はこの思想が「戦死の美化」に利用されたと指摘する。

 いや、現在も、これからも、武士や武士道は日本人の心情をくすぐりながら、都合よく利用されるかもしれないのである。本書はそこまで見すえているといえよう。(岩波書店 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る