• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
永井義男
著者のコラム一覧
永井義男作家

1949年、福岡県生まれ。東京外国語大学卒。97年「算学奇人伝」で第6回開高健賞受賞。「影の剣法」などの時代小説の他、ノンフィクションの「江戸の下半身事情」「図説 大江戸性風俗事典」など著書多数。

「江戸のいちばん長い日 彰義隊始末記」安藤優一郎著

 勝海舟と西郷隆盛の会見で江戸城の無血開城が実現した――は、有名である。歴史の名場面といおうか。勝の英明と西郷の度量によって、江戸は火の海になるのをまぬかれたといわれている。

 ところが、慶応4(1868)年3月13、14日のふたりの会見からおよそ2カ月後の5月15日に、江戸で彰義隊の戦いが起きているのである。必ずしも「両雄の会談により和平が実現」したわけではなかった。

 また、彰義隊と聞いたとき、多くの人が思い浮かべるイメージは次のようなものであろう。

 新政府軍を相手に、上野の山に立てこもって徹底抗戦し、幕府に殉じて幕臣の矜持と意地を示した。過激論を掲げて集合したが、いざとなれば離反者が相次ぎ、戦闘になるや、あっけなく敗れ、幕臣の惰弱と無能を示した。

 右のように、彰義隊に対する評価は正反対に分かれている。

 いや、これは歴史的評価というより、時代小説に感化されたイメージといってよかろう。彰義隊は日本史の教科書にはほとんど出てこないため、時代小説の影響力は大きい。要するに、時代小説が彰義隊をどう描いたかに左右されているのだ。

 では、彰義隊の戦い(戊辰戦争)が勃発した慶応4年からちょうど150年の現在(2018年)、彰義隊をどう理解し、評価すべきなのだろうか。そんな疑問をあらためて検証したのが本書である。

 日々刻々と情勢が変化し、しかも、多くの人が「日和見」だったのがわかる。その結果、彰義隊が上野の山に立てこもり、敗れたといえよう。

 なお、彰義隊が夜まで持ちこたえていたら情勢は変わっていたろう、という著者の示唆は興味深い。 

(文藝春秋860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る