「消された信仰」広野真嗣著

公開日: 更新日:

 東シナ海に浮かぶ「生月島」。隠れキリシタン信仰が現在も守られている最後のエリアで、本来なら世界遺産としてスポットライトがあてられてしかるべきなのに、なぜか日本政府からも長崎県からもその存在を無視されている、というより意図的に消されようとしている。

 その理由をたどって何度も島に足を運んだ先に見えてきたものは、厳しい禁教令ゆえにその信仰を「音(口伝)で伝える伝統(オラショ)」があり、しかも宣教師不在の間にその言葉の意味も不確かになってしまった信徒の姿があった。

 しかも現在のカトリックからはキリスト教とは別物とまで断じられている。しかし、オラショに節をつけた歌オラショの原型が中世イベリア半島で歌われていたグレゴリオ聖歌にあり、それが時を経て現代に残っているのはまさに奇跡で、変節してしまったのはカトリックのほうだったのだ。

 カトリック史のタブーに迫った第24回小学館ノンフィクション大賞受賞作。

(小学館 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  9. 9

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  10. 10

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る