「消された信仰」広野真嗣著

公開日:  更新日:

 東シナ海に浮かぶ「生月島」。隠れキリシタン信仰が現在も守られている最後のエリアで、本来なら世界遺産としてスポットライトがあてられてしかるべきなのに、なぜか日本政府からも長崎県からもその存在を無視されている、というより意図的に消されようとしている。

 その理由をたどって何度も島に足を運んだ先に見えてきたものは、厳しい禁教令ゆえにその信仰を「音(口伝)で伝える伝統(オラショ)」があり、しかも宣教師不在の間にその言葉の意味も不確かになってしまった信徒の姿があった。

 しかも現在のカトリックからはキリスト教とは別物とまで断じられている。しかし、オラショに節をつけた歌オラショの原型が中世イベリア半島で歌われていたグレゴリオ聖歌にあり、それが時を経て現代に残っているのはまさに奇跡で、変節してしまったのはカトリックのほうだったのだ。

 カトリック史のタブーに迫った第24回小学館ノンフィクション大賞受賞作。

(小学館 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る