「大江戸人情花火」稲葉稔著

公開日:  更新日:

 文化5(1808)年の秋、幕府御用達の花火屋・鍵屋では、翌年用の花火づくりが始まっていた。ある日、職人の清七は主の弥兵衛に呼ばれ、暖簾分けによる独立話を持ち掛けられる。清七は、跡取り息子や番頭らを差し置き、なぜ自分が声をかけられたのか分からない。それでもまたとない機会だと、独立を決断する。

 年末、鍵屋での仕事を終え、弥兵衛に挨拶に行った清七は、番頭たちの会話を耳にして、やはり暖簾分けには何か裏があることを知る。それならそれで、江戸で一番の花火屋になってやると、清七は「玉屋」と名付けた店の準備に奔走する。

 鍵屋と競い合い、江戸の人気を二分した花火師・玉屋市兵衛の半生を描く時代人情小説。

(徳間書店 720円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る