「大江戸人情花火」稲葉稔著

公開日:  更新日:

 文化5(1808)年の秋、幕府御用達の花火屋・鍵屋では、翌年用の花火づくりが始まっていた。ある日、職人の清七は主の弥兵衛に呼ばれ、暖簾分けによる独立話を持ち掛けられる。清七は、跡取り息子や番頭らを差し置き、なぜ自分が声をかけられたのか分からない。それでもまたとない機会だと、独立を決断する。

 年末、鍵屋での仕事を終え、弥兵衛に挨拶に行った清七は、番頭たちの会話を耳にして、やはり暖簾分けには何か裏があることを知る。それならそれで、江戸で一番の花火屋になってやると、清七は「玉屋」と名付けた店の準備に奔走する。

 鍵屋と競い合い、江戸の人気を二分した花火師・玉屋市兵衛の半生を描く時代人情小説。

(徳間書店 720円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る