「青嵐の坂」葉室麟著

公開日:

 城下で起こった「お狐火事」それに続く秋の大雨による凶作で扇野藩の財政は破綻の危機に瀕した。そこで藩主が目をつけたのは郡代檜弥八郎。軽格の身から700石の郡代まで上り詰めた男だ。中老に取り立てられた弥八郎は、藩の倹約をはじめ、城下の再建、特産物の育成などに辣腕を振るったが、筆頭家老や商人の企てであらぬ収賄の罪を着せられ、切腹する。そして一人娘の那美は遠縁の矢吹主馬に預けられた。

 その数年後、江戸から弥八郎の息子慶之助が新藩主の側近としてお国入りする。彼は独自の藩政改革案を持っており、それを嫌う筆頭家老らは那美と主馬を結婚させ、主馬に檜家を継がせようとする。しかし主馬は弥八郎から密命を帯びていた。

 妻のため、藩のため、不正を許さぬ武士の魂が光り輝く時代小説。

(KADOKAWA 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る