• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「青嵐の坂」葉室麟著

 城下で起こった「お狐火事」それに続く秋の大雨による凶作で扇野藩の財政は破綻の危機に瀕した。そこで藩主が目をつけたのは郡代檜弥八郎。軽格の身から700石の郡代まで上り詰めた男だ。中老に取り立てられた弥八郎は、藩の倹約をはじめ、城下の再建、特産物の育成などに辣腕を振るったが、筆頭家老や商人の企てであらぬ収賄の罪を着せられ、切腹する。そして一人娘の那美は遠縁の矢吹主馬に預けられた。

 その数年後、江戸から弥八郎の息子慶之助が新藩主の側近としてお国入りする。彼は独自の藩政改革案を持っており、それを嫌う筆頭家老らは那美と主馬を結婚させ、主馬に檜家を継がせようとする。しかし主馬は弥八郎から密命を帯びていた。

 妻のため、藩のため、不正を許さぬ武士の魂が光り輝く時代小説。

(KADOKAWA 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る