「人情の味 本所松竹梅さばき帖」倉阪鬼一郎著

公開日: 更新日:

 松吉、竹吉、梅吉の3兄弟は、本所・回向院の裏手の路地にそれぞれ寿司、天ぷら、蕎麦の見世(店)を構えていた。

 ある夜、松吉と常連客の間で、近くの長屋に住む落語家の捨松の話題が持ち上がる。元同心の隠居が、松竹梅の見世をはしご酒する間に、老いて、気が弱くなった捨松のために独演会をする話がまとまる。見世のどれかを会場にして、客には松竹梅膳を出すことも決まる。相州・大山に住む捨松の生き別れの妻子と再会させるため、居合道場の師範が一肌脱ぐことになった。そんな中、松吉の寿司の師匠である丑次郎の息子・丑蔵が助けを求めて竹吉の見世に飛び込んできた。

 うまい料理と登場人物たちの温かさが癒やしてくれる時代人情小説。(コスミック出版 650円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  4. 4

    「長澤会」躍進 東出昌大かばう“男気”に心酔する女優続々

  5. 5

    なぜ芸能界に「自殺」連鎖が…芸能リポーターが憂う“残像”

  6. 6

    隠し子疑惑に陰毛事件 坂本1億総活躍相は“下半身ネタ”豊富

  7. 7

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

  8. 8

    長澤まさみ20周年に相次ぐ試練…共演者の死と元カレ逮捕

  9. 9

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る

人気キーワード