「人情の味 本所松竹梅さばき帖」倉阪鬼一郎著

公開日: 更新日:

 松吉、竹吉、梅吉の3兄弟は、本所・回向院の裏手の路地にそれぞれ寿司、天ぷら、蕎麦の見世(店)を構えていた。

 ある夜、松吉と常連客の間で、近くの長屋に住む落語家の捨松の話題が持ち上がる。元同心の隠居が、松竹梅の見世をはしご酒する間に、老いて、気が弱くなった捨松のために独演会をする話がまとまる。見世のどれかを会場にして、客には松竹梅膳を出すことも決まる。相州・大山に住む捨松の生き別れの妻子と再会させるため、居合道場の師範が一肌脱ぐことになった。そんな中、松吉の寿司の師匠である丑次郎の息子・丑蔵が助けを求めて竹吉の見世に飛び込んできた。

 うまい料理と登場人物たちの温かさが癒やしてくれる時代人情小説。(コスミック出版 650円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  7. 7

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  8. 8

    安倍首相「内定率は過去最高」はいいトコ取りの目くらまし

  9. 9

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  10. 10

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

もっと見る