「人情の味 本所松竹梅さばき帖」倉阪鬼一郎著

公開日:  更新日:

 松吉、竹吉、梅吉の3兄弟は、本所・回向院の裏手の路地にそれぞれ寿司、天ぷら、蕎麦の見世(店)を構えていた。

 ある夜、松吉と常連客の間で、近くの長屋に住む落語家の捨松の話題が持ち上がる。元同心の隠居が、松竹梅の見世をはしご酒する間に、老いて、気が弱くなった捨松のために独演会をする話がまとまる。見世のどれかを会場にして、客には松竹梅膳を出すことも決まる。相州・大山に住む捨松の生き別れの妻子と再会させるため、居合道場の師範が一肌脱ぐことになった。そんな中、松吉の寿司の師匠である丑次郎の息子・丑蔵が助けを求めて竹吉の見世に飛び込んできた。

 うまい料理と登場人物たちの温かさが癒やしてくれる時代人情小説。(コスミック出版 650円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る