「闇市」マイク・モラスキー編

公開日:

 戦争末期から終戦直後の闇市、闇経済をテーマにしたアンソロジー。

 作家の十吉は、自他ともに認めるヘビースモーカー。しかし、たばこの配給は1日3本しかなく、家に出入りする愛読者の君代が闇市で調達してくるたばこに頼っていた。君代はたばこだけでなくさまざまな品を調達して、十吉の家に持参する。

 一方、作家志望の関口が作品を見て欲しいと十吉の家に通い始める。戦争が終わり3カ月後、久しぶりに関口が訪ねてきた。文学をやめ闇屋になったという関口の話から、十吉は自分が相場よりも高い値で君代からたばこを買っていたことに気づく。(織田作之助著「訪問客」)

 その他、人の手から手へと渡る100円札を語り手にした太宰治の「貨幣」など11編を収録。

 (新潮社 670円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  7. 7

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  8. 8

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  9. 9

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る