「闇市」マイク・モラスキー編

公開日: 更新日:

 戦争末期から終戦直後の闇市、闇経済をテーマにしたアンソロジー。

 作家の十吉は、自他ともに認めるヘビースモーカー。しかし、たばこの配給は1日3本しかなく、家に出入りする愛読者の君代が闇市で調達してくるたばこに頼っていた。君代はたばこだけでなくさまざまな品を調達して、十吉の家に持参する。

 一方、作家志望の関口が作品を見て欲しいと十吉の家に通い始める。戦争が終わり3カ月後、久しぶりに関口が訪ねてきた。文学をやめ闇屋になったという関口の話から、十吉は自分が相場よりも高い値で君代からたばこを買っていたことに気づく。(織田作之助著「訪問客」)

 その他、人の手から手へと渡る100円札を語り手にした太宰治の「貨幣」など11編を収録。

 (新潮社 670円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る

人気キーワード