「闇市」マイク・モラスキー編

公開日:

 戦争末期から終戦直後の闇市、闇経済をテーマにしたアンソロジー。

 作家の十吉は、自他ともに認めるヘビースモーカー。しかし、たばこの配給は1日3本しかなく、家に出入りする愛読者の君代が闇市で調達してくるたばこに頼っていた。君代はたばこだけでなくさまざまな品を調達して、十吉の家に持参する。

 一方、作家志望の関口が作品を見て欲しいと十吉の家に通い始める。戦争が終わり3カ月後、久しぶりに関口が訪ねてきた。文学をやめ闇屋になったという関口の話から、十吉は自分が相場よりも高い値で君代からたばこを買っていたことに気づく。(織田作之助著「訪問客」)

 その他、人の手から手へと渡る100円札を語り手にした太宰治の「貨幣」など11編を収録。

 (新潮社 670円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る