「終焉」ハラルト・ギルバース著 酒寄進一訳

公開日: 更新日:

 1945年4月・ベルリン。ユダヤ人の元刑事・オッペンハイマーはナチスの目を逃れるために妻のリザとともにビール醸造所の地下で潜伏生活を送っていた。

 ある日、場所を提供してくれたギャングのエデの手下がディーターと名乗る男を連れてきて、彼が持つカバンから目を離さぬよう指示される。数日後、外出したディーターが脱走兵に襲われて死ぬ。オッペンハイマーは、彼のカバンを枯れた井戸の中に隠すが、侵攻してきたソ連軍にディーターと間違われ連行されてしまう。そして、解放され、戻った彼は、留守の間にリザがソ連兵に暴行されたことを知る。

 戦時下のベルリンを舞台にしたシリーズ・クライマックス。

(集英社 1100円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  2. 2

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  3. 3

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  4. 4

    元SMAP合流より生き残りを…中居正広ジャニーズ残留の算段

  5. 5

    参院選演説で連発 自民の“失言リバイバル”は舌禍より本音

  6. 6

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  7. 7

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  8. 8

    【秋田】大物応援vs草の根選挙 イージス配備めぐり舌戦

  9. 9

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  10. 10

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る