「終焉」ハラルト・ギルバース著 酒寄進一訳

公開日: 更新日:

 1945年4月・ベルリン。ユダヤ人の元刑事・オッペンハイマーはナチスの目を逃れるために妻のリザとともにビール醸造所の地下で潜伏生活を送っていた。

 ある日、場所を提供してくれたギャングのエデの手下がディーターと名乗る男を連れてきて、彼が持つカバンから目を離さぬよう指示される。数日後、外出したディーターが脱走兵に襲われて死ぬ。オッペンハイマーは、彼のカバンを枯れた井戸の中に隠すが、侵攻してきたソ連軍にディーターと間違われ連行されてしまう。そして、解放され、戻った彼は、留守の間にリザがソ連兵に暴行されたことを知る。

 戦時下のベルリンを舞台にしたシリーズ・クライマックス。

(集英社 1100円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  5. 5

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  6. 6

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る