「終焉」ハラルト・ギルバース著 酒寄進一訳

公開日:  更新日:

 1945年4月・ベルリン。ユダヤ人の元刑事・オッペンハイマーはナチスの目を逃れるために妻のリザとともにビール醸造所の地下で潜伏生活を送っていた。

 ある日、場所を提供してくれたギャングのエデの手下がディーターと名乗る男を連れてきて、彼が持つカバンから目を離さぬよう指示される。数日後、外出したディーターが脱走兵に襲われて死ぬ。オッペンハイマーは、彼のカバンを枯れた井戸の中に隠すが、侵攻してきたソ連軍にディーターと間違われ連行されてしまう。そして、解放され、戻った彼は、留守の間にリザがソ連兵に暴行されたことを知る。

 戦時下のベルリンを舞台にしたシリーズ・クライマックス。

(集英社 1100円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る