「すべての見えない光」アンソニー・ドーア著、藤井光訳

公開日:

 第2次世界大戦末期。フランスのブルターニュ地方のエメラルド海岸にある古くからの城壁に囲まれたサン・マロの市街地は、徹底抗戦を訴えるドイツ軍を追い出すべく、連合軍による激しい砲撃が始まろうとしていた。

 そんな危険なサン・マロの市街地にたたずむ、「ただちに市街の外に退去せよ」というビラを読むこともできない16歳の盲目の少女マリー・ロールと、18歳のドイツ人2等兵の少年ヴェルナー・ペニヒ。ふたりはどんな経緯で戦火の最前線であるこの地にたどり着くことになったのか。物語はふたりの10年前にさかのぼり、それぞれのエピソードが交互に語られていく……。

 原書は、2015年にピュリツァー賞を受賞した米国の大ベストセラー。孤児院で育ち炭鉱で働くしかない運命にあらがって特別の教育を受けナチスに引き入れられた少年と、ナチスのフランス侵攻で住む場所を追われた少女の劇的な人生とふたりの一瞬の邂逅とを、美しくも詩的な描写で描いている。

(新潮社 2700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る