「すべての見えない光」アンソニー・ドーア著、藤井光訳

公開日:

 第2次世界大戦末期。フランスのブルターニュ地方のエメラルド海岸にある古くからの城壁に囲まれたサン・マロの市街地は、徹底抗戦を訴えるドイツ軍を追い出すべく、連合軍による激しい砲撃が始まろうとしていた。

 そんな危険なサン・マロの市街地にたたずむ、「ただちに市街の外に退去せよ」というビラを読むこともできない16歳の盲目の少女マリー・ロールと、18歳のドイツ人2等兵の少年ヴェルナー・ペニヒ。ふたりはどんな経緯で戦火の最前線であるこの地にたどり着くことになったのか。物語はふたりの10年前にさかのぼり、それぞれのエピソードが交互に語られていく……。

 原書は、2015年にピュリツァー賞を受賞した米国の大ベストセラー。孤児院で育ち炭鉱で働くしかない運命にあらがって特別の教育を受けナチスに引き入れられた少年と、ナチスのフランス侵攻で住む場所を追われた少女の劇的な人生とふたりの一瞬の邂逅とを、美しくも詩的な描写で描いている。

(新潮社 2700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る