「すべての見えない光」アンソニー・ドーア著、藤井光訳

公開日: 更新日:

 第2次世界大戦末期。フランスのブルターニュ地方のエメラルド海岸にある古くからの城壁に囲まれたサン・マロの市街地は、徹底抗戦を訴えるドイツ軍を追い出すべく、連合軍による激しい砲撃が始まろうとしていた。

 そんな危険なサン・マロの市街地にたたずむ、「ただちに市街の外に退去せよ」というビラを読むこともできない16歳の盲目の少女マリー・ロールと、18歳のドイツ人2等兵の少年ヴェルナー・ペニヒ。ふたりはどんな経緯で戦火の最前線であるこの地にたどり着くことになったのか。物語はふたりの10年前にさかのぼり、それぞれのエピソードが交互に語られていく……。

 原書は、2015年にピュリツァー賞を受賞した米国の大ベストセラー。孤児院で育ち炭鉱で働くしかない運命にあらがって特別の教育を受けナチスに引き入れられた少年と、ナチスのフランス侵攻で住む場所を追われた少女の劇的な人生とふたりの一瞬の邂逅とを、美しくも詩的な描写で描いている。

(新潮社 2700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る