「暴君誕生」マット・タイービ著 神保哲生訳

公開日:  更新日:

 昨年、米バージニア州の小さな町で衝撃的な事件が起きた。白人至上主義者=ネオナチの集会に反対するデモに車が突っ込み、女性1人が犠牲になったのだ。

 この事件に対し、トランプ大統領は当事者双方に自制を促した。事実上、彼がネオナチを擁護した瞬間だ。ナチスを支持することは民主国家にとってはタブー。ではなぜ、アメリカはトランプを選んだのか?

 著者はその背景にアメリカが実質的にいまだ白人国家である(人口の76.2%)ことを指摘する。白人が政治不信を鬱積させていたのだ。企業の海外流出による雇用不安、さらに若者に圧倒的な支持を受けたサンダースの躍進の意味を学ばない民主党、トランプの力量を過小評価した共和党の現実も要因にあると説く。(ダイヤモンド社 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    広島1位・小園海斗の成長に一役…父語る400万円の秘密兵器

  10. 10

    歴史は繰り返す 「分断か共生か」の対立が招く3度目の大戦

もっと見る