「AI時代に『頭がいい』とはどういうことか」米山公啓著

公開日: 更新日:

 多くの分野で人工知能(AI)が取り入れられ、人間にとって代わろうとしているこの時代、「頭がいい」という常識が変わりつつある。漠然としたその定義を再度見直し、これからの時代に求められる頭の鍛え方や、能力の磨き方を伝授してくれるテキスト。

 AIが進展したところで、人間の持つ知恵や知識、経験値が必要なのは変わらない。ゆえに他人にはない知識や経験、技術を持っていることがAIに対抗できる能力であり、これからの「頭がいい」の新しい定義になってくると説く。「顔を覚える・覚えない」「地図が読めない・ナビがいらない」など、さまざまな脳の特性や能力を比較、天才の脳の秘密などにも触れながら、頭がいいとはどういうことかを改めて考察。

(青春出版社 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  2. 2

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  3. 3

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  4. 4

    戦略的投票で改憲勢力3分の2を阻止 国の命運握る17選挙区

  5. 5

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  6. 6

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  7. 7

    元SMAP合流より生き残りを…中居正広ジャニーズ残留の算段

  8. 8

    【静岡】立憲と国民横一線 官邸介入情報で野党陣営が泥仕合

  9. 9

    錦織圭を輩出 盛田正明氏が私財投じ財団を立ち上げた深層

  10. 10

    10月スタート「幼児教育・保育の無償化」は喜んでいいの?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る