「AI時代に『頭がいい』とはどういうことか」米山公啓著

公開日: 更新日:

 多くの分野で人工知能(AI)が取り入れられ、人間にとって代わろうとしているこの時代、「頭がいい」という常識が変わりつつある。漠然としたその定義を再度見直し、これからの時代に求められる頭の鍛え方や、能力の磨き方を伝授してくれるテキスト。

 AIが進展したところで、人間の持つ知恵や知識、経験値が必要なのは変わらない。ゆえに他人にはない知識や経験、技術を持っていることがAIに対抗できる能力であり、これからの「頭がいい」の新しい定義になってくると説く。「顔を覚える・覚えない」「地図が読めない・ナビがいらない」など、さまざまな脳の特性や能力を比較、天才の脳の秘密などにも触れながら、頭がいいとはどういうことかを改めて考察。

(青春出版社 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  5. 5

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  6. 6

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る