「AI時代に『頭がいい』とはどういうことか」米山公啓著

公開日:  更新日:

 多くの分野で人工知能(AI)が取り入れられ、人間にとって代わろうとしているこの時代、「頭がいい」という常識が変わりつつある。漠然としたその定義を再度見直し、これからの時代に求められる頭の鍛え方や、能力の磨き方を伝授してくれるテキスト。

 AIが進展したところで、人間の持つ知恵や知識、経験値が必要なのは変わらない。ゆえに他人にはない知識や経験、技術を持っていることがAIに対抗できる能力であり、これからの「頭がいい」の新しい定義になってくると説く。「顔を覚える・覚えない」「地図が読めない・ナビがいらない」など、さまざまな脳の特性や能力を比較、天才の脳の秘密などにも触れながら、頭がいいとはどういうことかを改めて考察。

(青春出版社 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る